行楽

ベトナムのハノイからダナンへ乗り継ぎは?ノイバイ空港の食事や水は?

 

ベトナムのダナンに行ってきました。

ハノイ(ノイバイ)空港での乗り継ぎでダナン空港に向かいました。

ノイバイ空港は、国際線ターミナルと国内線ターミナルが別の所にあります。

ハノイでの乗り継ぎの方法や空港内の食事や水について説明します。

ベトナムのハノイからダナンへ乗り継ぎは?

ベトナムのハノイ空港(ノイバイ空港)からダナン空港に行くには、国際線ターミナルから国内線ターミナルに移動する必要があります。

ハノイ空港(国際線)での預け荷物の受け取り!

日本の旅行会社からもらった乗り継ぎの仕方の用紙では、到着が2階になっていました。

2階からエスカレーターで1階に移動する指示でした。

 

しかし、ゲートに繋がずにタラップから地上に降りて空港内シャトルバスに乗る事になりました。

(シャトルバスの写真を撮りたかったのですが、最後の方の乗車の為出来ませんでした。)

車高が低く(階段1段位)とても大きく、一度に大量の人を運ぶ事が出来ます。

 

僅か1分程で預入れ荷物の受け取り場所に着きました。(勿論1階です。)

冒頭の写真の所になります。

普通にゲートに到着すると、写真中央のエスカレーターを降りると着きます。

 

ハノイ空港で、一度自分の荷物を受け取り国内線の便に預け直す必要があります。

この時にちょっとすったもんだありました。別の記事に書いてあります。

関連記事はこちら ベトナム航空の評判!預け荷物と乗り継ぎ?座席や機内食と飲み物?

 

スポンサーリンク

 

貴重な経験が出来たと思っていましたが、実はダナン空港からの帰りの便も同じ方法でした。

帰りは何と国際線ターミナルの端(行きと全く同じ場所)に到着してタラップで地上に降りて、シャトルバスで空港内を国内線ターミナルまで移動しました。

そして、空港外のシャトルバスで国際線ターミナルに移動という何とも間抜けな結果でした。

 

国際線ターミナル(T2)から国内線ターミナル(T1)への移動!

預け入れ荷物の受け取りが済むと、一端空港外に出ます。

出て右側の奥の方に向かって行くと、国内線ターミナル(T1)行きもシャトルバスで乗り場があります。

18番乗り場です。

 

これが、T1とT2の間を走っているシャトルバスです。

 

T1が見えてきました。

 

行き国際線(T2)から国内線(T1)への移動の方が道が大回りの為少し時間がかかりましたが、シャトルバスに乗れば数分で移動出来ます。

問題はシャトルバスがどれくらいの間隔で来るかかもしれませんが、今回は待ち時間はありませんでした。(一応旅行会社の案内には、10~15分間隔と書かれていますが・・・)

 

尚、帰りの(T1)から(T2)へのシャトルバス乗り場は、出口を出て道路を1つ渡って右奥になります。

 

ベトナム国内線のセキュリティー検査!

ハノイ空港からダナン空港への国内線の移動のセキュリティー検査の手前で搭乗券を提示します。

この時あえてパスワードを提示しなかったのですが(国内線であり他の人は提示していません。)パスポートを出す様に言われました。(帰りも同様)

セキュリティー検査では、靴とベルトに反応がありました。その為写真の様に靴を脱いでいる人も多数います。

 

スポンサーリンク

 

ベトナムのハノイ ノイバイ空港の食事は?

ベトナムのハノイ(ノイバイ)空港の国際線ターミナル(T2)から国内線ターミナル(T1)に移動してから、軽い食事と水分補給をしました。

(待ち時間がかなりあるのと喉がカラカラの為。ミネラルウォーターは、スーツケースにはあるのですが手持ちがない為。)

 

500mlのミネラルウォーターが115円くらいでした。

ベトナムと言えばフォーという事で注文しました。500円位だったと記憶しています。

この時には、聞いていた(日本よりも物価が安い。)のと違う印象でした。

 

その他のメニューも(空港という事で?)割高感がありました。

 

ベトナムのハノイ ノイバイ空港の水は?

ハノイ空港に水飲み場がある事は、実は帰国する時に気が付きました。

手持ち荷物にミネラルウォーターを持ち込めない為、水分を取るには空港ラウンジで高い水を買うしか方法はありません。

帰り道ですので、ベトナムドンも底を付いています。

帰国便を待つ時間も結構ある為色々と散策していると、トイレの近くに下記の様な物を発見しました。

 

見ての通り無料で飲む事が出来るのですが、やはり安全面が気になります。

現実的に考えてこの様な所に不衛生な水がある事は、通常では考えられません。

オアフ島のホノルル空港やハワイ島のコナ空港にもこの様な水飲み場所(ウォータークーラー)はあります。

そこでは、躊躇することなくガブガブ水を飲んでいました。

他の観光客も結構な人が飲んでいました。中には、空のペットボトルに水を補充している強者もいました。

 

しかし、今一つ踏ん切りが付きませんでした。更に付け加えると長い時間観察していますが、誰一人として飲もうとする気配がありません。

それでも意を決して少し飲んでみました。常温の水です。(冷えてはいません。)更にもう少し飲んでみました。

 

水分不足で気分が悪くなるよりはマシである。

日本に帰国すれば何かあっても何とかなる。

何かあってもたかだか5時間の辛抱である。

この様な考えに至ってあの水をある程度飲んでみました。(ガブガブではありません。)

結果的には、体の方は何も異常が起こりませんでした。

(だからと言っておすすめしている訳ではなく、単なる事実の情報として書いています。)

 

スポンサーリンク

 

ベトナムのハノイからダナンへ乗り継ぎ まとめ

ベトナムのハノイ空港からダナン空港への国内線の乗り継ぎは、シャトルバス乗り場さえ把握出来れば比較的簡単に出来ます。

しかし、ベトナム人に何か尋ねるには簡単で正確な英語が必要です。

英会話が不得意でも、(想定される状況を説明や質問する)簡単で分かり易い言い方を行く前に予習しておくと更に完璧です。

あなたにおすすめ
error: Content is protected !!