アクシデント

携帯電話を電車に忘れた場合に迅速な対応は?jrはどこに行くの?

 

 

世界で忘れ物が戻ってくる確率が高いのは、圧倒的に日本であるとニュースか何かで聞いた事がありました。

所詮ニュースは、他人事として聞いていました。しかし、いざ自分自身に降りっかってくるとその素晴らしさに感謝しきれません。

 

これは実際にあった話です。こんなに理想的には普通はありえないかもしれません。

冒頭の写真の電車に乗って日帰り旅行をして、終点の駅で降りて乗り換えをしようとして次の電車に乗る時に携帯電話が無い事に気が付きました。

もうパニック寸前です。しかし、少したってどこに忘れたかを冷静に思い出す事が出来ました。冷静になれば、どの時点までは持っていたのかが分かります。

すると、多分電車の中に間違いないという結論になりました。

 

スポンサーリンク

 

携帯電話やスマホを電車に忘れた場合に最も迅速な対応は?

携帯電話やスマホを電車に忘れてしまった場合には、どの様な対応をしたらベストなのでしょうか?

先ずは、一般的な意見です。

  1. 大至急駅に連絡します。落し物受付で言えばかなりの確立で戻ってきます。 乗っていた電車を言うと、その路線の各駅に連絡してくれます。
  2. 携帯電話会社に連絡して携帯電話をロックしてもらう。
  3. 駅で見つからない場合には、警察に連絡する。

携帯電話やスマホを電車に忘れた場合にどこに行くの?

参考例としてJR東海の場合です。

駅・列車内で拾得されたお忘れ物はシステムに登録されます。お近くのJR東海の駅等にお申し出ください。

お電話でのお問い合わせはJR東海お忘れ物案内のほか、忘れ物承り所にてご案内を行っています。お忘れ物の有無は、原則システムでの確認となります。

お忘れ物のお預かりからシステムへの登録には、一定の時間がかかりますのでご了承ください。

お忘れ物が見つかった場合、保管している箇所でお受取りいただきます。

保管している箇所までお越しいただくことが困難な場合は、宅配便等による着払いでの送付も承ります。(お品物によっては送付できない場合がございます)

JR東海お忘れ物に関するご案内 参照

 

個人的には、一度自分の不注意で手を離れた忘れ物が戻ってくるシステム自体に感謝です。こちらがやるべき事を全てやったのであれば後は吉報を待つしか方法はありません。

 

スポンサーリンク

 

携帯電話を電車に忘れた時にjrの場合に助かった事は?

自分の経験談になります。冒頭の話からの続きになります。

あくまでも自分自身のケースの話ですので、参考にならないケースもあると考えられます。

 

電車の終点駅のJRの改札口の駅員さんに携帯電話を電車に置き忘れた可能性がある旨を報告しました。すると、詳しくは荷物忘れ物承り所の方に行って話すように言われました。

そこへ行くと、携帯電話を紛失した電車名や時間や場所などを聞かれました。乗っていた電車は臨時列車で指定席であり乗車券は記念に持ち帰りということでした。

そこで、その乗車券を見せることで質問事項全てが相手に伝わりました。

 

乗っていた電車は終点という事で清掃に入っていてまさに終了する所でした。すぐさま自分の相手をしていた職員さんが清掃員に電話連絡をして忘れ物の携帯電話が2個あったとの事でした。

その内の1つが自分ので間違いがないか電話で確認したいという申し出は断られました。

40分位待たなければならないのと違う可能性もありましたが、そのまま待つようにしました。そのやり取りの一部始終を聞いていた若い職員さんが取りに行って下さったので、10分程で手元に戻ってきました。

 

その時は嬉しさと色々な人への感謝の気持ちで一杯でした。しかし、後から考えるとぞっとするような事が多い様です。

清掃員が見つけられなかった場合には、電車は車庫に入ってしまいとても厄介な事になっていました。

切符がその場になかったら、実際には職員は時刻表で電車を調べようとしていたぐらいですので時間がかなり経過してしまったのではないのか。

若い職員さんが走って取りに行ってなければ、清掃員さんが帰ってくるまでかなり待つ時間が必要があった。

直ぐに気が付かなかったら、携帯電話は違う場所に保管されて他の携帯電話との区別も付かなくなっていたのではないのか。

当然受け取りに身分証明も必要になるし手続きもめんどくさい事になっていたのではないのか。

後から捜しにくる場合に一端コンピューターに入ってしまうとデータを取り出すのにかなり時間を要するようであった。       

 

実際には身分証明も何の手続きも一切なしで携帯電話をその場で受け取る事が出来ました。

待っている間に、他の人が忘れ物を捜しに来ましたがとても手間取っていました。

コンピューターで日時電車などを検索しながら、忘れ物を捜していました。

後から捜しに来るとこの様になるという事を目の当たりにした瞬間でした。

 

スポンサーリンク

 

携帯電話やスマホを電車に忘れた場合 まとめ

普段は滅多に忘れ物や落し物をしない様な人が、一端そういう状況に陥るとパニックになってしまう事が往々にしてあります。

しかし、この様な時こそ冷静に物事をよく考えて行動するようにしたいものです。

冷静になると的確な行動をとれるばかりか想像以上の結果が時として起こることもあります。

忘れ物や落し物は初期対応の速さで戻ってくる可能性が高くなります。

その物に関わる人数が増えれば増える程戻ってくる率が低くなります。

早く気が付き速く的確に行動出来れば、捜し物は見つかる率はぐっと上がります。

error: Content is protected !!