年末年始

年賀状付き合いをやめたい?会ってない返さない友人のやめ方は?  

 

 

昔から年賀状を書き続けている人は、一体どれぐらいの数を毎年送っているのでしょうか?

まあそれは人それぞれではありますが、その内どれくらいの比率で元旦に手元に届いているでしょうか?100パーセントとという人はまずいないと思います。

逆に出していない人から来ていたりして、元日早々慌ただしく郵便局に走って行くという事も多いでしょう。

 

元日に届かなかった理由が単に出すのが遅くなってしまった理由を除けば、お互いの意思の疎通が出来ていない事になります。

あえて説明すれば、こちらは相手の事を大事に思っていても相手はそうとも思っていないかもしれません。逆もまたしかりです。

単なる年賀状への考え方だけかもしれませんが、そうであってもお互いの気持ちが違っている事には間違いないようです。

 

そんな場合であっても、もしかしたら心の奥底の気持ちは同じかもしれません。

(同じだけれどもこちらは出してあちらは出さなかった、又はその逆のパターン)

こんな場合でも、お互いに同時に出さないという結論に達していれば本当にスマートで何のしこりも残す事なく済ませます。

いきなりこのような結果が生まれるはずもなく、それ以前のやり取りの結果がその年にやっと出たというケースかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

年賀状だけの付き合いをやめたい?

その人に対して年賀状を送るのをやめる様にしたいと思うことが、大きく分けると2つあります。

1つ目は、基本的に元日に年賀状が届かない友人とは年賀状のやり取りをしたくなくなります。師走で忙しいのは分かりますがそれはお互い様ではないでしょうか。

年賀状の優先順位が低いのか相手の書くリストの中での優先順位が低いのかは分かりません。折角年賀状を書いて出すのであれば、元日に届くような日程で書くのが相手への礼儀です。

 

今は昔と違って消印が付かなくなった事も厄介にしている要因です。普通の感覚ですと1月4日くらいに来る年賀状は後出しの筈なのですが、出していない人から届くことがあります。

逆に比較的に近い所からでも、元日に出してもそれよりも早く着く場合もあります。

基本的には、後から出す人はこちらから出さなければ来なかった人ですから年賀状の付き合いをやめたいと思っている筈です。

 

2つ目は、こちらが何か一言を一生懸命に考えて手書きで添えているのに対して、テンプレートをそのまま印刷しただけの年賀状を送ってくる友人です。

書く内容が無いのはこれもお互い様なのです。元々このような人は年賀状だけの付き合いなのでお互いにもうやめたいと思っている可能性が高いかもしれません。

2つの条件共に当てはまればすっきりと決断出来るのですが大体はどちらか一方で、後出しと思われる友達は何か一言書いてあります。

 

年賀状だけで会ってないか返さない友人ですか?

年賀状だけで会っていない更に言えばもう恐らく会う事もないであろう友人は、本当に年賀状のみで繋がっています。先程の例の1つ目に該当します。

逆に定期的に必ず集まるメンバーでも年賀状を後出ししてくる友人もいます。先程の例の2つ目に該当します。

 

ここで更に1つ例を挙げると、年賀状を返さない友人はどうでしょうか?この場合は、結論がハッキリ出ていますのでこちらから次の年には送るのを止めればいいのです。

本来ならばこれで完全に終わりの筈です。

しかし、以下の様な事が起こり続ける人も悲しいかな存在しています。年賀状の作成方法によって又はその人の性格なのかもしれません。

 

どうして前の年に年賀状が来なかった友人から今年来るの?

まず第一に年賀状をどのようにして書くのかという事です。良くあるのが昨年に自分あてに来た年賀状に対して書いていく方法です。

勘の良い人はもうお分かりだと思いますが、自分が書いたか書かなかったより(もっと言えば誰に出したかを覚えていないかもしれません。)届いた人に対して書く様な人です。

その時には本当はもう止めにしようと思って返さなかったにも拘らず次の年には忘れているのでしょうか?(本人にしか分かりません。)

 

どうして今まで年賀状の付き合いがあった友人から突然来なくなるの?

前のパターンと同じ理由です。この場合は、主に前年に相手が喪中の場合に起こります。

相手が喪中であってもこちらは送ってもいいとも解釈出来ますので送る人も多いようです。

そうすると自分が送ってない場合には、去年来ていないと判断されてパスされてしまう事があります。(実際に自分にも経験があります。)

 

どうして昨年に敢えて年賀状を出さなかった友人から年賀状が届くの?

今度はもう1つのパターンです。年賀状を作る時に使う住所録に登録されている人全てを何も考えずにドンドン印刷してしまうのです。

こうなると、アドレスリストから除外されない限り来続けます。

もう訳が分からないと思っていた事もよく分析すると訳がわかります。上に挙げた3つの例の反対の場合には、簡単に年賀状の付き合いを解消出来ます。

  • 前年の年賀状を見て送るタイプに対して後出し(相手が喪中で出さなかった場合も含む)をしなかった場合。
  • 住所録から年賀状を作成する人から前年度来なかった場合(後から来た場合も含む)

 

スポンサーリンク

 

年賀状を送るのをやめるやり方は?

年賀状だけの付き合いをやめたいと思ったら、(相手の年賀状の作り方など知る方法もなく)こちらなりのやり方をするしかありません。

ここでは一般的な意見をまず挙げておきます。

一般的(正式)な年賀状のやめ方

1.11月になってから、年末年始は多忙の為年賀状のやり取りを辞退させて下さいという内容のハガキをと送る。

2.年賀状に以下の様な文章を付け加える。

新年が貴方にとって素晴らしい年になるように願っています。このような年賀のご挨拶も今年で最後にしようと思い、つつしんで胸中をお伝えします。皆さんすべてにそうお知らせしていますので、悪しからず事情を御汲み取りください。

大変申し訳ありませんが一身上の都合により、今年限りで年賀状を出さないことに致しました。今後もお元気でお過ごし下さいますようお祈り致します。

3.年賀状を出さずに送ってきた人にだけ返信として寒中見舞いを出します。そして、その文面の中に虚礼廃止をしたい旨を書き加えておきます。

一応一般論を挙げてはおきましたが、どれも自分自身はお勧めはできません。あくまでも一般論ですが、それでもやらないよりは良いという人は試してみて下さい。

 

簡単にお勧めできない理由を挙げておきます。

1番の場合は、結局ハガキを送っているという事には変わりがないという事です。

2番と3番の場合もそうですし、前に長々と説明したパターンのどれかに該当して次の年も来る可能性があります。

更に付け加えるならば、新年にこのような文面が自分に来たらどんな気持ちになるか考えてみて下さい。(年末ならまだしも新年早々です。)

 

スポンサーリンク

 

まとめ

年賀状を作成する時は、相手との関係をどうしたいかを考える良い機会です。

案外こちらが年賀状だけの付き合いをやめたいと思っている相手も、実は同じ事を考えている可能性が高い。

いくら昔仲が良かったからといえども会うタイミングや気持ちがないのであれば止めるようしてみたらどうですか。

方法としてはやはりソフトランディングと言いますか、あからさまな態度はオススメできません。(昔は本当に仲が良かった相手なのですから)

こちらから、年賀状を送るのをやめれば時間が少しかかってもスムーズになくなります。

 

あなたにおすすめ
error: Content is protected !!