片付け

洋服を捨てる方法とコツは!全部?基準やタイミングや場所は?

 

 

洋服を処分するのは勇気が要りますし、もったいないという気持ちが働きます。

どうしても抵抗があり後回しになってしまいます。

しかし、洋服を買い続ける限り処分していかないと収拾が付かなくなります。

 

処分方法の中で最も罪悪感がある捨てる方法やコツ、残す服と捨てる服の基準や捨てる時期とタイミングや場所について書いていきます。

あくまでも自分が実践している方法になります。参考になれば幸いです。

 

尚、洋服を捨てる決断が出来ていなかったり、その前の整理の方法については別の記事の方が参考になりますので、合わせて読んでみて下さい。

 

参考記事はこちら 洋服の整理ができない人が簡単にできる方法は?処分ポイントは?

参考記事はこちら 洋服を整理や片付けた後の収納は?引き出しに入れるたたみ方は?

 

関連記事はこちら 服の整理を衣替えの時にしませんか?収納のコツは?捨てるものは?

関連記事はこちら 衣替えで服を収納するコツは?洗う?しまい方のアイデアとは?

 

スポンサーリンク

 

洋服を捨てる方法とコツやポイントは?

洋服を捨てる方法とコツやポイントは何でしょうか?

 

先ずは、捨てる洋服を消去法で考えてみます。以下に該当する服は、全く問題ありません。

(捨てる必要はありませんし、処分すべきでもありません。)

今年新しく購入して頻繁に着用している洋服。

今年新しく購入して時々着用している洋服。

古くからある洋服で頻繁に着用している洋服。

古くからある洋服で時々着用している洋服。

 

当たり前と言えますが、この大前提を頭に入れておかないと洋服を捨てる事が簡単に出来なくなります。

逆説的に言えば、洋服を捨てる方法のコツは判断力にあるとも言えます。

第2章で判断基準については詳しく書きますが、要は必要な服と不必要な服の判断を正しく機械的に行うとスムーズにいきます。

 

こんまり流のときめきやだんしゃりで言う繋がりの様な考え方も参考になりますが、最も単純な考え方や実践方法として最近着用しているのかどうかの一点張りを提案します。

 

悲しいかなほとんどの洋服を着ていないという結果が判明してしまったら、それらの洋服は全部捨てる方向で考えなくてはいけません。

もっと厳しく客観的な見方をすると、それらの服がなくても何の不自由もなく生活出来ていたのは紛れもない事実なのです。

 

中には、捜していてやっと見つかったという洋服もあるかもしれません。その服は、例外的に1年間の猶予を与えても良いでしょう。

このポイントを踏まえると、近い将来着る服も捨てなくても良いとも言えます。

 

スポンサーリンク

 

洋服を捨てる基準は?

洋服を捨てる基準は何でしょうか?

第1章で書いた様に、最近着ていない洋服は全部捨てる候補になります。

このポイントだけで、今年着ていない服の全部を捨て切る事が出来る人はこの後は、次(第3章)に進んで下さい。

 

最近着ていないからと全部捨てる事が出来る人は、最初から恐らく困ってはいないでしょう。

どうしても迷いが出て処分を躊躇してしまいます。

第1章の最後に付け加えた近い将来着る服は一応捨てる対象から外れます、これが曲者で逃げ道になります。

痩せたら服を捨てるとか太ったら服を捨てるとか言う仮定の条件を付けて、捨てるのを先延ばしにしてしまいます。

もう1回流行りが来るかもしれないなどもよく聞く言い訳です。

 

ですから、ここで更なる判断基準の提案です。

その洋服は今直ぐに着る事が出来ますか

 

中には、襟や首回りが汚れやシミが付いていたり虫食いにあっているかもしれません。

又、服が小さくなっていたり大きくなっていたりします。

ですから、最近着ていないのに捨てるのに抵抗のある洋服は実際に着用してみるといいと思います。

滅多にないと思いますが、実際に着てみると意外に似合っていたりする服があれば直ぐにも着て出掛けたくなります。

逆に、似合っていなかったりサイズが合わない服は捨てる決心が出来ます。

洋服を捨てるタイミングや場所は?

洋服を捨てるタイミングや場所はどうしたらいいのでしょうか?

洋服を捨てる時期やタイミングは?

洋服を捨てる時期やタイミングには、進学や就職や結婚や引越しや衣替えなど様々あります。

しかし、最も簡単でベストなタイミングは、新しい洋服を買う前後です。買った数量と同じ数を処分していきます。

これが出来る人も苦労しません。(あくまでも最終目標としてイメージしておいて下さい。)

 

洋服を捨てるタイミングは、最終的にはやはり本人が整理や処分をする気持ちになった時しかありません。

このタイミングは本人次第ですので、やはりおすすめは服を買う前です。

理由としては、衝動買いを除いては洋服を必要として購入している筈だからです。

ですから、新品を買う前に手持ちの洋服をチェックする癖や習慣を付ける事で自然と今ある洋服を把握出来ます。

この時点で、選択肢から外された服は捨てるリスト入りします。

洋服を捨てる場所はどこでどれくらいですか?

洋服を捨てる以外の処分方法は、売ったり、譲ったり、寄付したり、リユースしたりがあります。

しかし、他の記事で少し触れている事もあり、この記事では洋服を捨てる事に限定しています。

どの方法も洋服を捨てるよりは、一見良い方法だと思われます。

 

しかし、個人的にはあまり効果的だとは思っていません。

簡単に説明しておきます。(個人的な感想や意見です。)

売る 手間暇がかかる。思った様な成果があまり期待出来ない。季節外れの物は無理。

譲る 相手が気に入った服に限られる。相手に無理強いになっていないか?

寄付 相手が本当に必要としている物なのか?(震災の時によく問題視されます。)

リユース そもそも技量が必要。多くを処理出来ない。

 

それに比べて、最近は下の様な無人のリサイクルボックスが増えています。

 

 

【注意点】自分が何回も捨てに行っていたボックスには、ビニール袋に入れない様に但し書きがありました。処理に手間がかかるからだそうです。ですから、まとめて縛ってボックスに入れていました。

 

リサイクルボックスと自分でも書いていますので、実際にはリサイクルではないのかと指摘をされるかもしれません。

この様なボックスは最近では至る所にあり便利になりましたが、一般の業者の取り扱いの為最終的にどの様な処理になっているのか見当も付きません。

市町村の資源回収やリサイクルにだせば完全にリサイクルされるとは思いますが、時間や場所が限られていますし処理に税金が使われる事になります。

 

この様な背景もあり、自由な時間に通りがかりのリサイクルボックスに無料で引き取ってもらう方法をしています。自分の感覚としては、ゴミ箱にゴミを捨てている感じに近いのです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

洋服を捨てる方法やコツは、今以上に多くならない様にする事から始まります。

新しく洋服を買う前に既存の服をチェックする習慣付けます。

そして、そのタイミングで着ないと判断した服は処分対象になります。

洋服を捨てる目安は、今直ぐに着る事が出来るかどうかです。

サイズが合わない服や劣化した洋服は、捨てる様にしましょう。

又、新しく買った洋服をワンシーズンフルに着用して捨てるという方法もあります。

あなたにおすすめ
error: Content is protected !!