ウォーキング ダイエット

食後ウォーキングダイエットで痩せた!効果アップで成功のポイント!

 

ダイエットの為に散歩やウォーキングなどの軽い運動をする場合に、いつやるのが効果的なのでしょうか?

朝が良いとか夕食前とか夕食後とか、様々な意見がそれぞれの観点から言われています。

 

しかしながら、例えば、早朝がウォーキングダイエットに適していると言われても、実際にその時間に出来ない場合も。

先ずは、出来る時間帯に散歩や軽い運動などを始めてみる事が重要

 

そして、時間帯は、ウォーキングが継続できるようになってから考えても良いでしょう。

そうは言っても、ウォーキングの時間帯については研究する価値は十二分にアリ

 

今回の記事では、食後のウォーキングダイエットの効果について考えていきます。

 

食後のウォーキングダイエットで痩せた理由!

 

食後のウォーキングダイエットで見事に痩せた人が結構います。

なお、ここで言っている食後とは主に夕食後で、夜に歩く場合と区別していること。

夜の食事後に歩くのは、例え深夜であっても食後で、午後8時に歩いても夕食を午後6時に食べていれば、夜にウォーキングしたという解釈。

 

要するに、食事からどれくらい経ったかによって分けています。実は、ここに大きなポイントがあるのです。

それが、食後のウォーキングダイエットで効果が出て痩せた重要な理由

 

まず、人が食事をするとどのようになるのか、順序立てて検証します。

人の体は、食事をすると血糖値が高くなっています。そこで、すい臓からインスリンが分泌されます。その後、血液中のブドウ糖が体内に吸収されていきます。

 

そして、ブドウ糖が体内に吸収されるまでの時間が、だいたい食後1時間から2時間の間であると言われています。

もしも、必要以上に食べ過ぎてしまうと、ブドウ糖が残ってしまいます。そうすると、そのブドウ糖はやがて中性脂肪となって体内に蓄積。これは、まさしくメタボへの道

 

このような、悪い流れを止めるには、食べ過ぎを防ぐこと。(本来は、痩せようとしている人に言う言葉ではありませんが、実際には食べ過ぎている人も)

逆に言えば、食べ過ぎる事なくこの悪い流れを良い流れにしていけば、痩せるのでは?

 

そのためには、ブドウ糖が血液中に残らないように、ブドウ糖を運動エネルギーとして消化させれば良いのです。

更に、ここからが痩せるポイント。ウォーキングで消耗するエネルギーが食事したエネルギーを上回れば痩せていくのは必然です。

 

以上の流れが、食後にウォーキングダイエットを行って痩せた理由になります。

(あくまでも、理論上にはなりますが)

また、夕食は朝食や昼食よりもカロリーの摂取が多いため、食後にウォーキングをする事は効果的で、食べ過ぎてしまった日には特に必要

参考記事:ウォーキングダイエットは最初太る?痩せない太った理由!むくみ体重?

 

スポンサーリンク

 

昼休みのウォーキングや食後30分で効果がアップ!

 

食後のウォーキングがダイエットに効果的な理由を理解してもらえましたか?

しかし、理論上はそうであっても、実行できなければ何にもなりません

 

夕食の時間が遅くて、それから外にウォーキングに行くのに、防犯面や時間的に抵抗がある人もいるでしょう。

夕食後に歩くのが無理な人には、昼休みや夕食以外の食後30分以内でのウォーキングがおすすめ。

 

昼休みや食後30分以内のウォーキング効果は、夕食後のダイエット効果と同様です。

更に言うと、昼休みや朝または昼の食後30分以内のウォーキングには、夕食とは違った意味での効果アップが見込まれます。

 

朝食後や昼食後と昼休みのウォーキングは、当然ながら就寝までの時間が相当あります。

食後や昼休みのウォーキングをすることで、その後の時間の代謝が更にアップ。

言わば、ウォーキングをした効果以上のダイエット効果が見込まれます。

参考記事:ウォーキングどのくらいで痩せ始める?ダイエット効果が出るまでの秘訣!

 

スポンサーリンク

 

食後のウォーキングダイエットが成功したポイント!

 

食後のウォーキングダイエットが成功したポイントは、大きく分けると2つになります。

 

1.太る危険性を極限まで少なくすることができる。

2.ウォーキングをすることで、摂取したエネルギー以上の消費をして代謝をアップさせることができる。

 

一般的には、食事の後(特に直後)はあまり動かない方がよいと言われています。

特に、夕食後には、寝転がってテレビを見ている人もいるくらい。

 

これが、太る要因にもなったりします。この時間に歩いたり動いたりするという事は、この太る要素を取り除くことが出来ます。

更に、食後40分間のウォーキングダイエットをすることで、食事で摂取した以上のカロリーを消費出来れば、減量に成功です。

参考記事:ウォーキング40分の効果とダイエット!距離や歩数と消費カロリー

 

スポンサーリンク

 

食後ウォーキングダイエットのまとめ

 

一般的に、食後に動いたりウォーキングしたりするのは、あまり身体に良くないのではないかと思いがち。

そこで、食後には静かにゆったりと過ごしている人がほとんどです。

 

そのような中、昼休みにウォーキングをしてみてはいかがでしょうか。

職場の環境や家の近所の目があり、どうしても無理な場合には、夕食後にウォーキングを。

 

逆に、夕食を食べ終わる時間が遅く、防犯の心配があったり就寝の時間の関係などでできない場合には、朝食後や昼食後や昼休みの時間に歩くこと。

自分の生活環境や職場環境などと生活のリズムに合ったウォーキングスタイルの確立をしてみて下さい。

 

しかし、どうしても食後にはウォーキングできない人は、まずは継続的に歩ける時間に毎日40分間歩くように。

必ずしも食後に歩かなくても、毎日40分ウォーキングすることで、効果は必ず出てきます。このブログを通じて応援しています。

 

あなたにおすすめ

ウォーキングの効果は?ダイエット効果で痩せる歩き方や距離は?

毎日10キロ歩くけど痩せない!ウォーキングダイエットで痩せるには?

 

クリックで、応援お願いします!

にほんブログ村 ダイエットブログへ   

error: Content is protected !!