運動 ダイエット

踏み台昇降でふくらはぎや太ももが太くなる?高さや時間との関係は?

普段運動不足気味で太ってしまって、ダイエットとして室内運動の踏み台昇降を始めてみようと考えている人(特に女性の場合)が、心配することがあります。

それは、痩せることが出来ても、足が太くなってしまうのではないのかということです。

特に、ふくらはぎや太ももなど

しかし、安心して下さい。ほんの少しの注意点さえ守って踏み台昇降ダイエットに取り組んでいけばふくらはぎや太ももが太くなることはありません

また、この記事では、踏み台昇降運動で鍛えられる筋肉と台の高さや運動する時間との関係についも解説します。

 

スポンサーリンク

 

踏み台昇降でふくらはぎや太ももが太くなる?

踏み台昇降でふくらはぎや太ももが太くなるのでしょうか?

結論から先に言いますと、基本的には踏み台昇降運動でふくらはぎや太ももが太くなることはありません

その理由を順番に説明していきます。

まず、踏み台を昇り降りする時に鍛えられる筋肉について。

踏み台昇降は、ウォーキングなどと同じタイプの有酸素運動です。

ですから、鍛えられるのは遅筋(赤筋)と呼ばれる筋肉になります。

そして、体の部分でいうと、お腹や背中や腰やお尻や太ももの筋肉になり体幹も鍛えられることに。

速筋(白筋)

速筋は、運動する時に酸素の使用量が少ない筋肉。無酸素運動である短距離走やジャンプといった瞬発力が必要な運動に使う。運動時に体内の糖をエネルギーとして使用。

 

遅筋(赤筋)

遅筋は、運動する時に酸素を使用して収縮する筋肉。有酸素運動であるウォーキングや水泳など持久力が必要な運動に使う。運動時に体内の糖以外に脂肪を燃焼させてエネルギーとして使用。

なお、筋トレなどで筋肉を付ける方法は、速筋(白筋)を鍛えるやり方であり、鍛えれば鍛えるほど強く太くなります。(例えば、ボディービルダーのように。)

その理論としては、思い器具を使ったりして負荷を大きく掛けて短時間に少ない回数をこなす方法。

筋肉を増強するには、筋肉の繊維を一度破壊してから2~3日かけて回復させるというサイクルを繰り返していきます。

一方、踏み台昇降ダイエットで鍛えられる遅筋(赤筋)は、肥大しない筋肉であり運動自体の負荷も弱いため、太くなることはありません

ですから、通常レベルの踏み台昇降運動では、足の筋肉が付いたとしても脂肪が筋肉に変化した程度で太くなることはないと言えます。

それでも、足が太くなることが心配な人や筋肉痛を避けたいという人は、踏み台昇降運動後にクールダウンやマッサージをしておくと良いでしょう。

そうすると、足に疲労物質が溜まったりむくみが出る心配も少なくなります。

マラソン選手と短距離走の選手の体型を比較すれば一目瞭然。

・マラソン選手は、ふくらはぎや太ももが細くしなやか。

・短距離走の選手は、ももやふくらはぎや上半身まで、太くて強い。

それでも、ふくらはぎが太くならない為に少し気をつけたいポイントもあります。

さらに言えば、本来の目的でもある踏み台昇降ダイエットで成功して痩せなくては意味もありません。

この辺りについて、次章で詳しく説明していきます。

 

スポンサーリンク

 

踏み台昇降ダイエットで高さや時間との関係は?

踏み台昇降ダイエットで、ふくらはぎが太くならない為に少し気をつけたいポイントがあります。

それは、踏み台昇降ダイエットで早く成功したい気持ちからくる、踏み台の高さを高くすること

踏み台昇降ダイエットで、痩せるには相当の日数が必要になります。

なぜならば、踏み台昇降運動は、軽い有酸素運動ということで消費カロリーがそれほど高くはないから。

そこで、踏み台昇降ダイエットの効果を少しでも早く出すためには、時間を長くするか、テンポを速くするか、台の高さを上げることを考える傾向に

そして、もしも踏み台の高さを高くし過ぎてしてしまうとふくらはぎに負荷がかかり過ぎてしまうことになります。

そうすると、踏み台への昇り降りの運動が筋トレの一種になってしまい太くなってしまう可能性も

ですから、踏み台昇降ダイエットでは、台の高さは自分に合ったほどほどのレベルに設定することが、ふくらはぎや太ももが太くならないためのポイント

通常の踏み台昇降の高さは15㎝前後ですので、女性の場合にはどんなに高くしても20㎝程度にしておいて様子を見ながら行ってみて下さい。

それでは、どうしたら、踏み台昇降ダイエットの効果を早く実感できるのでしょうか?

先程(考えがちと)書いた、時間とテンポと踏み台の高さの中では、負荷をかけることは時間以外にはオススメ出来ません

台の高さは、前に書いた理由とケガのリスクがあるからです。

そして、筋肉痛になる可能性もあります。

また、踏み台昇降運動のテンポについても、あくまでも有酸素運動として成立する速さであればいいですが、別名がスローステップ運動ともいわれていることを考えてみて下さい。

そして、踏み台昇降には、一定のテンポで昇り降りすることで得られる効果もあります。それは、自律神経を整えるという効果。

ですから、踏み台昇降ダイエットで成功して痩せるためには、時間を多くすることになります。

しかしながら、踏み台昇降ダイエットは、基本的に毎日一定の時間をやることが原則です。

ですから、継続できる時間をできるだけ多くすることになります。

なお、踏み台昇降ダイエットは、10分から20分を1セットにして数セット行う人や、1度に長時間行う人もいますが、自分の生活環境に合ったやり方で十分です。

なお、踏み台昇降運動の効果を上げるには、運動の質を上げることも重要です。これにつきましては、別の記事に書いてあります。

参考記事:踏み台昇降ダイエットで階段上り下りはダメ?成功するやり方や時間は?

 

人気記事

ウォーキングどれくらいで痩せ始める?ダイエット効果が出るまでの秘訣!

毎日10キロ歩くけど痩せない!ウォーキングダイエットで痩せるには?

 

スポンサーリンク

 

まとめ

踏み台昇降ダイエットをしても、基本的にはふくらはぎや太ももは太くはなりません

しかし、踏み台昇降ダイエットの効果を焦って台の高さを高くし過ぎると太くなる可能性があるので要注意。

また、踏み台昇降ダイエットは、毎日の長期間の継続が成功への必須条件になります。

なぜならば、踏み台昇降運動は、軽い有酸素運動であるからです。

ですから、ダイエット効果が出る前に挫折してしまうという人もいます。

少しでも早く無理なく痩せたいという人は、次の記事を読んでみて下さい。

▼そんなあなたに特におすすめの記事です。▼
食事制限なしでリバウンドしないダイエット方法があります!

error: Content is protected !!