健康美容

音波歯ブラシ効果と欠点は?使用方法や使い方は?歯間ブラシは必要?

 

 

音波歯ブラシを使用してみたい又は今現在使用していますか?

音波歯ブラシの効果や欠点、使用方法や使い方(当て方)の注意点は何でしょうか?

手磨きをやめて音波歯ブラシにした場合に歯間ブラシは必要でしょうか?

 

実際に音波歯ブラシを数年間使用している自分なりの意見や感想と家族や歯科医の反応などを書いていきます。

あくまでも個人的な考えになります。

 

以前からラジオショッピングなどで聞くたびに音波ブラシを使ってみたいという衝動に駆られていました。

しかし、価格が通常よりも安いと言っても普通の歯ブラシよりは高価である事に違いありません。

その様な状況下で普段と変わらない手磨きをしていました。他の用事で家電量販店に行ったと時に格安(500円)の音波歯ブラシを見つけ購入しました。

音波ブラシがどの様な感じなのかを試してみるには手頃で気楽に始められました。

 

スポンサーリンク

 

音波歯ブラシの効果と欠点は?

音波歯ブラシの効果と欠点にはどの様な事があるのでしょうか?

音波歯ブラシの効果は?

音波歯ブラシの効果を具体的に挙げる前に少し補足しておく必要があります。

音波歯ブラシなどの様な電動式歯ブラシは、動き方や回転数や振動数の違いで種類や名称が違っています。

振動するだけの歯ブラシや丸い形状の回転する歯ブラシや振動式に音波を発生させた音波歯ブラシや更に回転数を増した超音波歯ブラシなどがあります。

 

この記事で取り上げている歯ブラシは、音波歯ブラシになります。

メーカーや商品によってバラツキがありますが、毎分3万〜5万回程度振動します。通常は充電式で替えブラシを買って継続して使用するタイプです。

音波歯ブラシの毛先で歯の表面の汚れや黄ばみなどを落とすと共に、水流や細かな泡で離れた周囲の歯垢も落とす効果が期待出来ます。

音波歯ブラシの毛先の動きが一定で清掃能力高く、特に歯の表面や裏側に対しては音波ブラシの磨き効果は抜群です。

手磨きでは決して出来ない位につるつるにする事が可能です。

 

これは自分だけかもしれませんが、歯磨き自体が楽しくなるという隠れた効用もあるのではないかと思います。

音波歯ブラシを使い始める前には、朝や夏や冬などは正直な所面倒な気持ちで歯磨きをしていました。

今は面白い程気持ちよく又綺麗になるので、楽しく歯を磨いています。

更に付け加えると歯磨きをして他の事をする所謂ながら磨きする事が以前に増して簡単に出来ます。

もう一つ付け加えると歯医者に行く機会が減ったり、歯科医に褒められる経験しました。

 

音波歯ブラシの欠点は?

上記で音波歯ブラシをの良い点を挙げましたが、欠点もない訳ではありません。

音波歯ブラシでは、歯と歯の隙間や歯の根元のブラッシングには不向きです。

本来の目的は、水流や泡で取り除くタイプの歯ブラシだからです。完全に取り切る事が出来るかと言えば出来るとは言いえません。

 

通常の歯ブラシに比べると大きく重いので細かい部分にブラシの先を当てにくく、当てる力が強くなりやすく歯ぐきや歯が影響をう受ける可能性もあります。

更に付け加えると、間違った音波歯ブラシの使用方法やブラシの当て方や磨き方などをするとあまり効果がないので、費用対効果を考えると使用する意味がなくなります。

(本格的な音波歯ブラシのや超音波歯ブラシなどは、本体と替えブラシが高い為。)

 

スポンサーリンク

 

音波歯ブラシの使用方法や当て方は?

音波歯ブラシの使用方法やブラシの当て方などは、どの様にしたらいいのでしょうか?

音波歯ブラシの使用方法は?

音波歯ブラシの使の使い方は、簡単と言えば簡単です。

音波歯ブラシに歯磨き粉を付けて歯に軽く当てて口を閉じた状態でスイッチを入れて下さい。

当たり前と言えばその通りですが、口を閉じないと泡や歯磨き粉が勢い良く飛び散ってしまいます。

ブラシや歯磨き粉に水を付ける必要はありません。というよりも付けてはいけません。

水分で一杯になるばかりか、研磨剤の成分の効果が薄れます。

 

音波歯ブラシの使い方はやブラシの当て方は?

音波歯ブラシの具体的な使い方や磨き方は、ブラシの当て方と移動(スライド)の仕方になります。

音波歯ブラシはブラシを軽く当てるだけで十二分に効果を発揮します。くれぐれも強く押し当ててはいけません。

 

歯にブラシを当てる角度は、表面のブラッシングの場合には90度が最適です。

歯の側面や歯周病の対策には45度位が効果的に汚れが落とせます。

音波歯ブラシの移動のさせ方は、数秒ごとに少しずつスライドさせていく感覚です。

手で磨く様にゴシゴシやる必要はありません。

音波歯ブラシの他に歯間ブラシは必要か?

音波歯ブラシの他に歯間ブラシは必要なのでしょうか?

音波歯ブラシの欠点の所で指摘した様に、音波歯ブラシは歯と歯の隙間や歯の根元のブラッシングには不向きです。

どうしても食べかす等が取り除けない場合があります。そうすると必然的に歯間ブラシは必要になります。

電波歯ブラシはデンタルフロスと併用するのが良いと言われています。

 

実際に歯科医院でも音波歯ブラシの効果を褒められた後で、根元や歯間に歯間ブラシを使う方法を指導されました。実際に歯医者で歯間ブラシを購入しました。

今は百均にも使いやすい歯間ブラシがありますので、衛生面も考慮して頻繁に交換しながら主に寝る前に使用しています。(写真)

 

スポンサーリンク

 

音波歯ブラシの効果と欠点や磨き方と当て方 まとめ

音波歯ブラシの効果を最大限に生かすた為には、普通の手磨き方法も把握している事が重要です。

基本通りの磨き方を音波歯ブラシで行えば、短時間に効果的な歯磨きが出来ます。

音波歯ブラシでも歯間は清掃出来ない為、歯間はデンタルフロスで磨く事になります。

歯科医院で歯石を除去しに行くと歯科衛生士や歯科医師による歯磨き指導を受けた事があります。

実際に歯間ブラシを使った正しい磨き方を伝授してもらってからは、歯の調子も益々快調になっています。

 

P.S.

自分自身は、今現在も最初から使用している格安の音波歯ブラシを継続しています。

電池式で使い捨てですが、その分コンパクトで旅行にも気軽に持っていけますし、何本もまとめ替えしています。

ブラシのストローク回数は毎分約2万2千回と、音波歯ブラシの中でも低振動数ですが十分満足しています。

何よりも家族や歯科医の評価が高いのがそれを証明しています。

あなたにおすすめ
error: Content is protected !!