行楽

ホイアン観光ツアーを体験!カフェや食事とナイトマーケットは?

 

ベトナムの世界遺産であるホイアン旧市街の観光ツアー(オプショナルツアー)を体験してきました。

ホイアンの買い物やカフェや食事はどうだったのか?

ホイアンのナイトマーケットはどうだったのかを画像と共に説明します。

 

ベトナムダナンに滞在型の旅行中に、ホイアンの旧市街観光とナイトマーケットのオプショナルツアーを申し込みました。

ホイアン旧市街観光ツアー自体は他に参加者がいない為に、ベトナム人ガイドさんと運転手が専属になっていました。

その為にマンツーマンの案内やこちらの要望を聞き入れてもらい、短時間に十二分に満喫出来ました。

次の日にも単独でホイアン旧市街を訪問する予定だったのを取りやめたくらいです。

 

ホイアンツアーには、ベトナムランタン作りの体験も含まれており、実際にランタンを作ってみました。この様子は、別の記事に書いてあります。

関連記事はこちら ベトナムのランタンの作り方は? 持ち帰りや折りたたみ出来る?

 

スポンサーリンク

 

ホイアン観光ツアーを体験!買い物は?注意点は?

ベトナムホイアンの旧市街の観光のツアーやナイトマーケットを送迎や案内してくれる運転手さんガイドさんは、ツアー中全て同じ人でした。

初日にもダナン市内の観光をガイドしてもらっていましたが、ホイアンに着いてからは別人の様な感じに変わっていました。

速足でドンドン進んで行き、(暗記しているので)説明も歴史から始まり早口で次から次に間髪入れずに話っぱなしでした。

とても全て頭に入りきらない程です。その為この記事でもあまり詳しい説明は出来ませんが、写真で雰囲気をつかんで下さい。

ベトナムホイアン観光!

ベトナムホイアンで有名な来遠橋いわゆる日本橋です。3年間かかって作られた事が強く印象に残っています。

来遠橋(日本橋)の前には、常に写真を撮ろうとしている観光客で一杯です。

 

福建会館です。右から入るのと左から入るのでは、望みが違うそうです。

中では、長く太い線香をあげる事が出来ます。

 

広東会館です。常に多くの人が記念写真を撮っていました。

 

ホイアン旧市街には、この様な団体が多くいました。

 

ベトナム人ガイドさんが、いくつも細い通り抜け道を通って記念写真を撮るように勧めてきました。

大通り間を素早く行き来できるので効率が良いのでしょう。

ベトナムホイアン旧市街での買い物は?

前に書きましたが、ホイアン旧市街に入ってからのベトナム人ガイドさんの歩くスピードが速くゆっくりと周りを見ている状況ではありませんでした。

ガイドさん曰く、「ホイアンの物価は相当高くなっているので、欲しい物があれば安くしてくれる店を紹介してあげる。」

それで、それ以外の店は用がないとばかりに速足になっていたのです。

 

Tシャツを買いたいとリクエストをしていたので、安いTシャツ屋さんの前まで一目散に連れて行ってくれました。

ところが、その店は工事中でしたので違う店で交渉をしてくれました。

1枚500円でいいと言われましたが、デザインや値段に納得がいかずに何も買いませんでした。

デザインもどの店も同じ様なありきたりの物ばかりです。ガイドさんが値引き交渉してその値段だったので、普通の観光客では一体幾らまでになるのだろうと思いました。

 

実際にどの店のどの商品にも値札が全くついていません

余程気に入ってどうしても欲しい物があれば、値段交渉を粘り強くして購入するのもありです。しかし、観光自体に時間制限がある場合にはおすすめ出来ません。

結局買い物は、露店でお菓子を100円で数個購入した程度でした。この露店は、商品を開封して試食させてくれました。勿論おいしかったので買いました。

 

ホイアン旧市街の写真が少ないのには理由があります。

ガイドさんの歩くスピードが速くて、立ち止まって写真を撮るのに限度がある事。

ホイアンの旧市街の中でも、バイクが頻繁にクラクションを鳴らして走っている事。

人が多くて人の流れが途絶えない事。

店や店の商品を撮影する事に少し罪悪感があった事。(買わないのに)

 

ホイアン観光の注意点!

ホイアンに限らずベトナムは、現地の人でも日中はとても暑いのであまり出歩かないそうです。

現にオプショナルツアーの出発時間を遅らせた方が良いとガイドさんから提案されました。

何でも日本人観光客が途中でバテテしまうからだそうです。

 

それでも半ば強引に予定通りの時間に出発して、ランタンづくり体験を先にする事で暑さ対策をしてもらいました。

結果として1時間程夕食の時間まで余裕が出来ました。

それで、駆け足で観光したホイアンの主要な場所を一人で(妻は夕食の店で休憩)散策して何とかこのブログの写真を少し撮った次第です。

実際にホイアン観光した日は、あまり暑くなくガイドさんもラッキーだったと言っていました。

くれぐれも暑さ対策を十分にして観光に出かけて下さい。

 

スポンサーリンク

 

ベトナムホイアンでのカフェや食事を体験!

ベトナムホイアンでのカフェは?

ベトナムホイアンの旧市街を散策して喉が乾いたので、ガイドさんにカフェを案内してもらいました。ガイドさんも隣の席で何か飲んでいました。

 

メニュー中央のアイスクリームを注文しました。ご覧の通り66000ドンです。

(日本円で330円です。厳密には1円は200ドン以上ですが、このブログの値段は計算しやすいので1円を200ドンで計算しています。)

 

アイスクリームと言うよりもシャーベットでした。

これが330円とは、やはりガイドさんの言っていた通りです。

 

ベトナムホイアンでの食事!

ベトナムホイアンのオプショナルツアーには、夕食が付いています。

ここは有名な食堂で、安倍晋三氏も訪れたそうです。川の前にあります。

 

反対側(川側)からの感じです。

この食堂での食事はコース料理になっていましたが、ドンドン運ばれてきました。

それ以上の感想は、正直なところ特にはありません。

前に道がある為、観光客と頻繁に目が合いました。

 

食堂から川の方を撮影するとこんな感じです。

 

食堂のすぐ近くの橋を渡って右の奥辺りが、ナイトマーケットの場所になります。

 

上の写真では人通りが大した事がない様に思われるかもしれませんが、橋を渡って反対側からとると記念撮影で一杯の様子が解ります。

ベトナムホイアンのナイトマーケットを体験!

ベトナムホイアンのナイトマーケットの入り口(出口)付近です。

 

ランタンが色とりどりで、とても鮮やかで風情があります。

 

ホイアンのナイトマーケットは、観光客と地元の人で賑わっていました。

 

ホイアンのナイトマーケットでも写真中央の様に、バイクがクラクションを鳴らしながら

たくさん走っていて危険です。

 

妻が欲しい物を見つけたので、ガイドさんに交渉してもらいました。

 

ヤシの実にデザインコーティングしたちょっとした入れ物です。

ちなみに、ガイドさんの家にも同じ様な物が幾つかあるそうです。

 

ベトナムランタンを購入しました。折りたたみは出来ません。

ランタン作り体験の物とは違う種類になります。(500円位)

 

運転手さんとの待ち合わせは、ホイアン市街の外れです。ご覧の通り地元の人も多くバイクで訪れています。

 

スポンサーリンク

 

ベトナムホイアン観光ツアー体験のまとめ

ベトナムのホイアン市街は、世界遺産という事もあり多くの観光客で溢れています。

観光の仕方によっては、どれだけでも過ごせてしまいます。

このブログに紹介していないフーフミンの家やタンキーオールドハウスなども訪れています。

結果として、ベトナム人ガイドさんにドンドン引っ張ってもらいポイントを押さえて観光が出来ました。

自分の旅のスタンスとしては、ベストな選択でした。

この様な場所を観光する時には、ガイドさんに限らず現地を熟知している人に案内してもらう事をおすすめします。

あなたにおすすめ
error: Content is protected !!