片付け

ランドセルラックは必要か?いらない?教科書の収納や片付けは?

 

ランドセルラックは、必要かいらないかどうなのでしょうか?

ランドセルや教科書や副教材などの収納や片付けは、どうしたらいいのでしょうか?

 

昨今の傾向として、様々な物が細分化されたり専用化されたりしています。

これは、使う人のニーズと作る人や販売する業者の思惑が、複雑に絡んでいるかもしれません。

 

特に子供用品の高額化については、最近は異常なのではないかと感じています。

この記事では、ランドセルラックを使用している人の意見や、必要でない人の意見を比べながら解説します。

 

スポンサーリンク

 

ランドセルラックは必要か?いらないか?

ランドセルラックが必要であると考えている人と、不要と考えている人の代表的な意見をまとめてみます。

ランドセルラックは必要!

ランドセルラックが必要であると考えている人の一般的な意見は、以下の通りです。

ランドセルラックいる

小学校からは片付けを徹底させたい。その為に有効である。

ランドセルを床に放り投げる事を防止できる。

 

ランドセルの置き場が自然と決まってくる。

自分で時間割を合わせるため。

 

教科書や副教材を整理整頓できる。

片付けや整理を習慣化できる。

 

絵の具やリコーダーや習字道具や辞典なども収納できる。

一か所にまとめて片付けができる。

 

ランドセルラックはいらない!

ランドセルラックがいらないと考えている人の一般的な意見は、以下の通りです。

ランドセルラックいらない

小学生の間しか使用しない。

無駄な買い物である。

短期間しか必要のない物に高価な物はいらない。

 

効果的に使えるか疑問である。

特に、なくても困らない。

 

学習机で対応出来る。

他の物(安価な物)で十分に代用できる。

 

スポンサーリンク

 

ランドセルや教科書の収納や片付けはカラーボックス?

ランドセルラックが必要と考える人は、子供の性格や使い方や家や部屋の環境を考えて購入して下さい。

ランドセルラックが不必要だと思う人の意見の中でも、何かしらのランドセルの片付けラックやランドセルの収納ボックスは必要としています。

 

小学生に限定せず中学生でも使えるタイプの物と(小学校の限定の)低価格の一般品(組み立て式)の手作りと2通りの考え方があります。

中学校や高校でも使用できる様な収納ボックスを購入するのであれば、飽きの来ないシンプルなデザインの物がおすすめです。

 

ランドセルや教科書の収納や片付けだけを想定しているのであれば、カラーボックスでも十分に対応できます。

また、カラーボックスでの収納は、本来の縦長での使用方法の他に横に寝かせて方法もあります。

 

収納ボックスの手作りは、百均の商品を子供の使い勝手の良いように上手くアレンジすることで有効。

実際に子供に選ばせてみるのも面白いと思いますし、自分で選択した物は大事に使うと思います。

 

ランドセル片付けラックや収納ボックスは入学前に必要?

ランドセル片付けラックや収納ボックスは、入学前に必要なのでしょうか?

ラン活と一緒に、ランドセルラックや学習机の購入を検討することは自然の流れです。

しかしながら、ランドセル片付けラックや収納ボックスを買ったり手作りしたりするのは、入学後しばらく経ってからの方がよいと思います。

 

実際に小学校に通ってしばらくしてから、教科書や副教材やその他の用具の絶対量や子供の帰宅してからの行動が理解できます。

実際に購入する時には、ランドセルの置きやすさや時間割の合わせ方などをお子さんと話し合ってからの方が無駄もなく綺麗に片付くハズ。

 

入学前にランドセルラックなどを買うと、イメージした通りにならずに子供が使いこなせないことも。

この様な結果になってしまった人の後悔の気持ちが、ランドセルラックは不要だと言わせている場合もあります。

 

あなたにおすすめ

ランドセルの選び方で失敗しないコツやポイント!購入時の注意点は?

家の書類整理の簡単な方法!手順やテクニックと片付けのコツとは?

 

スポンサーリンク

 

ランドセルラックは必要か?いらない?まとめ

ランドセルラックは必要かいらないかは、結局のところは各家庭の考え方です。

ですから、部外者がああだこうだと口を挟む筋合いではありません。

ランドセルラックが必要か不要かという問題の答えは、有効に使用できるかどうかがポイントです。

 

ランドセルボックスがある事で、子供の行動が楽になったり部屋が整然と片付けができるのであれば必要と言えます。

できれば、学生の内の長い期間使用できるタイプを購入するか、6年間限定タイプの物のどちらかに特化した方が良いのではないかと個人的には考えます。

error: Content is protected !!