行楽

海外旅行にクレジットカードがなぜ必要か!何枚?理由や補償は?

 

 

海外旅行に行く時にクレジットカードは必要なのでしょうか?

正反対の考え方を持つ人がいます。

盗難の危険があるから現金を必要最小限にする為にクレジットカードを持っていくべきだという人と、逆に盗難やスキミングなどの心配があるから持っていかないという人です。

皮肉にも、どちらの言い分にも盗難のキーワードが含まれています。

 

最近の海外旅行で、クレジットカードに関して以前とは何か違う必要性を感じた事がありました。

この辺りを含めて、海外旅行になぜクレジットカードが必要か、何枚必要なのかについての理由を書いていきます。

更にクレジットカードの補償についての体験談も紹介します。

 

スポンサーリンク

 

海外旅行にクレジットカードはなぜ必要か?理由は?

海外旅行にクレジットカードが必ず必要な理由!

海外旅行にクレジットカードが必ず必要な理由は、ホテルのチェックイン時に突然やってきました。

デポジットにクレジットカードが必要だとフロントの人に言われました。

 

今回宿泊した2つのホテルともフロントに日本人がいましたので、クレジットカードが必要な理由を理解出来ましたし何も心配する事はありませんでした。

しかし同じ状況が、日本人のいないホテルで現地のフロントの人に英語などでクレジットカードの呈示を請求された場合にどの様に対処していたか想像が尽きません。

なぜ何の為にクレジットカードが必要なのかを、延々とたどたどしい英語でやり取りしていたかもしれません。

 

海外旅行は、今回が初めてではありません。今回は添乗員同行ではありませんが、旅行会社のパックツアーです。

最近のパックツアーは、添乗員同行ではなく現地のガイドが対応する方式がほとんどです。

以前のそうでしたが、別にこの様なクレジットカードの請求はありませんでした。

 

デポジットとは、一言でいうと預かり金の事です。預かり金ですから、現金の方が本来は良いのかもしれませんが、通常はクレジットカードの提示を要求される様です。

 

ホテルによってやり方は違うかもしれませんが、今回宿泊した2つのホテルとも以下の流れになります。

提示したクレジットカードで一定の金額をチャージ(支払い)をする。

その金額は追加料金が発生しない場合もしくは発生しても現金決済した場合には、チェクアウトの時に払い戻されるという仕組みです。

(厳密にはホテル側からクレジットカード会社経由での振込)

 

海外旅行にクレジットカードがあった方が便利な理由!

海外旅行にクレジットカードがあった方が便利な理由は、使い方によって色々あるとは思います。

それは国内旅行や通常の生活でも同じ事で、取り立ててこの記事で書く必要はないと判断しています。

 

海外旅行特有のクレジットカードがあった方が良い理由は、やはり旅行先の通貨の最終処理に便利であるからに他なりません。

帰国する時の最終の空港のお土産物店などで、商品を購入する場合に皆さん結構やっている方法です。

手持ちの現地の現金を全てレジで出して、不足金額をカードで決済するという方法です。

 

この荒業は、少し注意が必要です。

販売店にこの様な方法が出来るか前もって聞く。

レジの人が、手慣れた(しっかりした)人かどうか見定める。

レジが混んでいない時に分かり易く店員に告げる。

 

レジの店員がもたもたしているとレジが混んできて、周りの目が冷たくなります。

こんな事をしたくないから現金を持ち歩かない、という反論の声もあるかもしれません。しかし、全く現金なしで旅行する事は不可能です。当然チップなどに必要ですしクレジットカードが使えない様な店(金額)もあります。

 

スポンサーリンク

 

海外旅行のクレジットカードは何枚必要か?理由は?

海外旅行のクレジットカードは何枚必要なのでしょうか?

これは海外旅行先によって違いますし、購入する店舗によっても違います。

 

VISAカードやJCBカードが使えない国や販売店も実際にはありました。

妻が持っているクレジットカードが使えない事があり、自分のクレジットカードを渋々差し出したのが1回目の使用になります。(2回目の使用については、別の記事にて)

ハワイなどでは、JCBカードの提示で乗れるトロリーバスがあります。

関連記事はこちら ハワイ旅行が初めての人へ!観光や楽しみ方のおすすめとポイントは!

 

この様にその国や地域に適したクレジットカードがあります。

違った種類のクレジットカードを2枚は持って行く事をおすすめします。

海外旅行でクレジットカードの補償は?

海外旅行でのクレジットカードの補償は、自動付帯利用付帯と呼ばれる物があります。

自動付帯は、カードそ所有しているだけで保険が適用されます。

利用付帯は、事前にクレジットカードを使用して旅行代金を支払う必要があります。

クレジットカードを会社や契約の内容によって違いますので注意が必要です。

 

ですからこれらの場合に限っては、厳密に言えば海外旅行に持って行く必要はないとも言えます。

しかし、このクレジットカードの補償に助けられた経験があります。

 

海外旅行先に到着してスーツケースの異変に気が付きました。

スーツケースのローラーの1つのゴムが割れて取れてしまっていました。

当然出発の時には異常はありませんでした。

この海外旅行には、妻の方にだけ海外旅行保険を掛けてありました。

 

長くなるのでこれ以降は、箇条書きにします。

到着早々現地の旅行会社の出迎えの人に説明。

航空会社に補償してもらう様にその場で請求。

現地の航空会社の人に見せた所、通常の使用による劣化が原因で補償出来ないという回答。

結局どちらからも補償は無し。

スーツケースの破損の事故報告書を書いてもらう。

クレジットカード会社に修理代の領収書を添えて保険金を請求。

免責金額を差し控えた金額が振り込まれる。

 

スポンサーリンク

nbsp;

海外旅行にクレジットカードがなぜ必要か、まとめ

海外旅行にクレジットカードがなぜ必要かという問いには、自分の経験からは次の様に答えます。

海外旅行は、予期せぬ事が多く発生します。

これらの時に役立つ物としてクレジットカードの存在理由があります。

海外旅行向けのクレジット会社は、万国共通ですし信頼性もあります。

国内では、普段使用しないタイプ(自分の様な)の人にも持って行くと便利な物になります。

あなたにおすすめ
error: Content is protected !!