アクシデント

靴下に穴があく原因と防止する対策は?あかない為?のおすすめは?

 

 

靴下の買い替えの目安は、何でしょうか?

ゴムが伸び切ってしまったとか色あせが酷くなったとかあるかもしれません。

しかし一番多いパターンは、靴下に穴が開いてしまったからではないでしょうか。

穴が場合にも靴下自体がかなりくたびれた状態で仕方がないケースもありますが、比較的新しい靴下でも穴があいてしまう事もあります。

靴下に穴が開く原因はあるのでしょうか?そして、対策としてはどの様な事が出来るのかについてまとめてみました。

 

靴下に穴があく原因は?

靴下に穴が開く原因として考えられるのは、大体以下の項目になります。

自分の足の状態の原因

足のつめが伸びている。

かかとなどが固くなっている。

左右の足のサイズが違う。大きい方に負担がかかる。

歩き方や力の入れ具合などの生活習慣の原因

左右のどちらかに力が加わっている。(利き足か?)

つま先に力が加わっている。

かかとに力が加わっている。

すり足などの歩き方は、足の接触面の摩耗を早める

靴下の原因

靴下のサイズが合っていない。(小さい)

靴下が、歩いている時などにずれる。(動く)

靴の原因

靴のサイズが合っていない。(大きい、小さい)

靴が大過ぎて(靴が小さくて)中で靴と足がすれる。

靴が足の形状に合っていない。

靴のかかとなどがすり減っている。

 

スポンサーリンク

 

靴下に穴があくのを防止する対策は?

靴下に穴があくのを防止する対策は、基本的には第1章で挙げ穴があく原因をなくす事です。

特に靴下の穴が同じ場所にあく場合には有効です。

自分の足の状態の対策

足の爪を小まめに切る事。

かかとが固くなっていれば、クリームを塗るなりの防止をする。

左右の足のサイズが違っているならば、大きい方に負担を掛けない様に意識する。

歩き方や力の入れ具合などの生活習慣の対策

片足に重心が偏る歩き方をしない様に注意する。

すり足で歩かない様にする。

靴下の対策

自分の足のサイズに合った靴下を履く。

靴下を左右交互に履く。

靴下がずれない様な歩き方をする。

靴下の穴のあく場所に補修シートや当て布などで補強する。

靴の対策

自分の足にピッタリフィットした靴を選ぶ。(選んでもらう)

どうしても靴が自分の足に合わない場合には、思い切ってオーダーメイドにする。

かかとがすり減った靴を履かない。

靴下に穴があかない為?のおすすめは?

靴下に穴があかない為のおすすめは、あくまでも個人的な意見である事を最初に申し上げておきます。

 

第2章の靴下に穴があくのを防止する対策は、どうも堅苦しい感じがしませんか?

靴下に穴があかない様にする、簡単であまり気を使わなくても良い方法がないでしょうか?

 

摩擦が大きくなりそうな時にだけ靴下に穴があかない対策をするのです。

靴下だけで室内を歩かない事。

激しいスポーツや長時間のウオーキングなどの時には、靴下を2足履く事。

(この場合には、安い靴下でも大丈夫です。)

厚手の靴下を履く事。

繰り返しますが、激しい動きをする時だけで十分です。

普段の何気ない動きでは、摩擦はそれ程は発生しません。

これくらいの気の使い方で留めておいた方が、精神的にも良いと思います。

あまりにも深刻にとらえずに、安物の靴下を頻繁に履き替える事をおすすめします。

 

スポンサーリンク

 

靴下に穴があく原因と対策のまとめ

靴下の穴の原因が毒素であるという説やそれは嘘であるという説の両方ありますが、正直あまり関心がありません。

結局の所靴下の穴が開く原因は、摩擦ではないでしょうか。

摩擦する原因に様々な要素が加わり複雑にさせています。

更に、洗濯の度に靴下の繊維が摩耗して経年劣化もしていきます。

 

靴下に穴があくのを防止する対策は、人それぞれに原因が違う為ズバリこれですとは言い切れません。

あまりにも穴があく間隔が短い時には、靴下を2枚履くなどして摩擦に強くするのも1つの方法です。

しかし2枚靴下を履く事によって、足が蒸れたりして履き心地が悪くなったり臭くなったりするのは悪循環です。

靴下に穴があかない対策をする事で、返ってストレスが溜まってしまったりしたら本末転倒です。

他の事が悪くなってしまうのであれば、この際安い靴下を頻繁に買い替えした方が良いのかもしれません。

購入の時に【つま先・かかと補強】の表示がある靴下を選択するのもおすすめです。

あなたにおすすめ
error: Content is protected !!