アクシデント

五月病の原因と対策!予防する食べ物で防止!ならないために!

 

 

五月病は、古くからある病気?です。

最近では、六月病に変わってきているという説や実際になっているという人もいる様です。

しかし、だれでも五月病になる事もない様です。

では、五月病になる人とならない人の違いは一体何でしょうか?

五月病(六月病)が仮に病気の一種であったとしたならば、必ず原因や対策の方法が見つかる筈です。

 

誰でも、病気にはなりたくありません。好きで病気になっている訳ではありません。

五月病にならないために、原因や対策をまとめました。やはり五月病にも、予防する食べ物がありました。

 

尚、五月病を防止出来なっかた人の為に、別の記事で改善方法などを書いています。

関連記事はこちら 五月病の症状と対策!改善して抜け出すには!乗り越え方とは!

 

スポンサーリンク

五月病の原因と対策は!

五月病の原因は一体何でしょうか?

五月病の原因を大雑把に言うと、ストレスという事になります。ストレスの原因は、人によって細かく分かれてきます。

では、どの様な人が五月病になるのでしょうか?

新年度に入って進学や転校や就職や転勤などで、今までと生活環境が変化した人が五月病になる可能性が大きいと言えます。

4月に普段以上に頑張った精神的や肉体的な疲れが、ゴールデンウイークに長期間休んだ頃に出てくるのです。(まるで夏の疲れが秋口に出てくる感じです。)

その他には、理想と現実のギャップに苦しんでいる人も五月病になりやすいと言えます。

 

そして、人によって様々な症状が出てきてしまいます。

これらが原因の様々な症状を訴える人の数が多いので、一般的な呼び名として五月病と言われています。

仮に症状が酷くなって病院の診断を受けた場合には、正式な病名は適応障害(更に深刻な場合にはうつ病)と言われています。

では、どの様な性格の人が五月病になるのでしょうか?

五月病になりやすい人の性格は以下の通りです。

真面目な性格で高い理想を持っている。

責任感や忍耐力がある。

完璧主義者であり融通が利かない。

人としては、決して悪い部類に属していないタイプと言えると思います。

返っていい加減で何も考えていない性格の人は、一般的に五月病にはならないという傾向があります。

ですから真面目な人でも、開き直ってしまってやり過ごせば自然に治っていくケースもあります。(これが簡単に出来ないから病気になってしまいますが。)

やり過ごす事が出来ないと重いうつ病になってしまう事もあります。

五月病にならない対策には何があるのでしょうか?

五月病ににならない為の対策には、肉体面と精神面の両方が考えられます。

肉体面の充実がなければ、精神的な回復は見込まれません。肉体面の改善とは、やはり当然ながら食べ物という事になります。

具体的な方法は、次章以降に書いていきます。

 

スポンサーリンク

 五月病の予防になる食べ物は!

一般的に五月病を予防するのに重要なのは、脳内物質のセロトニンであると言われています。

セロトニンは、精神を安定させる作用を持つ物質。生成する為に必須アミノ酸のトリプトファンやビタミンB6や炭水化物を一緒に摂取する必要がある。

 

五月病の予防になる栄養素と主な食べ物は、以下の通りです。

トリプトファン(必須アミノ酸の一つ)は、肉や魚、大豆製品、乳製品などの良質なタンパク質に多く含まれる。

ビタミンB6は、トリプトファンをセロトニンに変化させるのに必要なビタミン。不足すると中枢神経が興奮してイライラしてしまう。主に青魚、鶏肉、バナナ、さつまいも、かぼちゃ、ホウレンソウなど。

ビタミンCは、ストレスと戦う欠く事の出来ない栄養素。主に、いちご、じゃがいも、レンコン、芽キャベツなど。

カルシウムは、神経の興奮を抑制したり神経の伝達を正常に保つ働きがある。主に、乳製品、小魚、小松菜、切干大根など。

鉄分は、体内に酸素を運ぶ役割をする栄養素。少なくなると、精神的や肉体的な機能が衰えて疲れを感じ易くなる。貧血の原因にもなる。主に、レバー、カツオ、アサリ、ホウレンソウ、小松菜、豆類など。

 

五月病の予防になる栄養素やそれを多く含む食べ物を一応書きました。

しかし、どこか引っ掛かるポイントが自分にはあります。

それは、第1章に書いた五月病になりやすいタイプの人の性格です。真面目な為に上記の栄養素やそれを含む食材を取らなければいけないと思い込み過ぎないでしょうか?

食事自体がストレスにはならないでしょうか?

 

それらを踏まえて、個人的な意見を以下に述べたいと思います。

一応こんな食材が五月病の予防になるんだと記憶の片隅にでも留めておく。

食事の時には、自分の食べたい物や体が欲している物を食べる。

但しインスタント食品や単品(だけ)ではなく、野菜や肉や魚や汁物などのバランスだけは考える。

出来るだけ季節の物(旬の物にはその時期に必要な栄養がある。)を取り入れる様にする。

出来る範囲で、バランス良い食事を心掛ける事が大切です。

五月病を防止!病気にならないために

五月病を防止するには、当然ながら精神的な安定が必要になります。

とにかくストレスを溜めない事、ストレスを発散する事に尽きます。

 

直接的な緩和の方法と間接的な改善方法がありますが、以下の様になります。

仲の良い友人に話を聞いてもらう。仲の良い友人の話を聞く。仲の良い友人ととにかく遊ぶ。

規則正しい生活を送る。充分な睡眠を確保する。

休みの日に何か熱中出来る趣味を作る。

【具体例】スポーツや読書や映画・ビデオ鑑賞や温泉・お寺巡りや旅行やスポーツ観戦やコンサートに出かける。

 

スポンサーリンク

まとめ

五月病の原因や症状は人によって違いがありますが、一般的に真面目で完璧を求める人に多くみられる傾向があります。

新しい環境に適応していくうちに五月病の症状は軽減します。

しかし、風邪の例に見る様に一旦こじらせてしまうと重大事になってしまいます。

ですから環境が変わった時には、普段以上にストレスをため込まない様に心がける事が大事です。

気の合う仲間とコミュニケーションを取ったり、十分な睡眠を確保したり、規則正しい(食)生活を送りストレスに強い体質へと改善していく様にします。

ストレスを上手く発散する事で逆に余力が出来て、ストレス自体を感じる事がなくなる様になるのがベストではあります。(この領域まで辿りつくのは並大抵ではありませんが。)

あなたにおすすめ
error: Content is protected !!