アクシデント

五月病の症状と対策!改善して抜け出すには!乗り越え方とは!

 

 

 

 

 

 

 

 

4月に進学や転校や就職や転勤などで生活環境が大きく変化した人は、ゴールデンウイークが終わった頃から五月病になってしまう事が多々あります。

当然五月病にならない人もいるのですが、頑張り屋で真面目な人程五月病になりやすい様です。

そして最も厄介なのは、一旦その様な状態に陥ってしまうと真面目な人程改善が困難なのです。結果として、五月病から抜け出すのに時間がかかる(又はもっと深刻な状況になる。)のです。

 

もしかしたら五月病になってしまったかもしれないという人に、症状を解消する方法(乗り越え方)を自分なりに情報を整理してみました。

チェックポイント(リスト)がありますので、自分が該当しているかどうかもハッキリします。

 

尚、まだ五月病にはなっていないが心配で五月病対策をしておきたい人には、別の記事もおすすめです。

関連記事はこちら 五月病の原因と対策!予防する食べ物で防止!ならないために!

 

スポンサーリンク

 

五月病の症状と対策は!

五月病の主な症状としては以下が挙げられます。

精神的な症状

気分が落ち込む、集中出来ない、やる気が出ない、無気力、イライラ、抑うつ、不安感、苛立ち。

肉体的な症状

胃の痛み、めまい、動悸、貧血、息苦しさ、食欲不振、寝付きが悪い、眠れない、日中の眠気、疲れやすい、疲労感が抜けない、倦怠感、だるい、頭痛、咳、発熱、アトピーやアレルギー症状の悪化。

うつ病に近い症状もありますが、上記の症状が長く続くようであれば五月病ではない可能性があります。

一度念の為に、専門医のいる心療内科や精神内科などを受診した方が良いと思います。

普段人に言えない様な事を専門医に打ち明ける事で、随分と症状が改善される事も実際にはあります。

五月病の一般的なチェックリストは、以下の通りです。

他人に会うのが面倒になった。

ネガティブに考えて悩み続ける。

睡眠不足が続く。(休日でも朝早く目が覚めてしまう。)

服装に気を使う事が煩わしくなり、そのまま外出してしまう。

通勤や通学をする時に体調が悪くなる。

趣味をするのも面倒になる。

仕事のミスが増えた。

仕事の効率が悪くなった。

今まで欠かさず見ていた雑誌やテレビ番組を見たくなくなった 。

上記のリストに数多く思い当たる事があれば、五月病である可能性が高いと考えらえます。

 

五月病の(一般的に言われている簡単な)対策は、以下の通りです。

十分な睡眠時間を確保する。

栄養バランスの取れた食事を規則正しく取る。

ストレスを溜めない様に気分転換をする。

仲間と話すなどコミュニケーションの機会を作る。

高い(無理な)目標を設定して達成しようと頑張り過ぎない。

行動スケジュールに時間的な余裕を持つ。

 

上記の項目は、一見すると五月病にならないための対策と同じ事ではないかと感じられます。

上記の対策のリストを見てその通りだと納得出来るならば、即座に実行に移して下さい。

即効で改善出来るでしょう。しかし、そんな教科書通りの解答で五月病から抜け出す事が出来れば苦悩したりしません。

 

次章以降では、あくまでも自分個人の考えや経験などを踏まえて書いてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

五月病を改善させるには?

五月病を改善させるにはどうしたらいいのでしょうか?

これからの意見は、あくまでも自分なりの経験や知識からの意見です。

医師や専門家でもありませんので、症状が長期間に渡り改善出来ないのであれば専門医のいる心療内科や精神内科などを受診した方が良いと思います。

 

五月病の原因は別の記事に書いてありますので省略しますが、要は性格的なものと環境的なものです。

人は、本来環境に適応する事が出来ると思います。適応に必要な時間に個人差があるだけだとも言えます。

話を五月病だけに限定して真面目で完璧主義者の人がなりやすい事を考えると、あまり真剣に(深刻に)考えないで良いと提案します。

故に五月病を改善させるにはどうしたらいいのでしょうか、の回答は、何もしなくていいというよりも何も考えない様にする事です。となります。(一番難しい事かもしれませんが。)

五月病を抜け出す!乗り越え方とは!

深刻に悩んでこの記事を読んでいたのに、先程の回答はふざけていると怒っている人も必ずいると思います。

そんな人は、五月病の症状はまだ軽いと推測出来ます。(理由は敢えて書きませんが。)

その様な人には、次の事を五月病から抜け出す乗り越え方として提案します。

五月病特有の症状が出てきた時の対処の一例!

1章で提示した五月病の一般的に言われている簡単な対策の6項目。

水分や鉄分を摂取する。

外に気分転換に出掛ける。

言うまでもありませんが人の身体の大部分は水です。水分が不足したり滞ると様々な循環が悪くなります。

鉄分は体内に酸素を運ぶ役割をする栄養素で、不足すると精神的や肉体的な機能が衰えて疲れを感じ易くなります。又、貧血の原因にもなります。

 

人それぞれの方法で気分転換や気を紛らわせる所に行って、ストレスやモヤモヤした事を忘れたり発散すると回復します。

個人的には、(大)自然を求めての旅行やドライブがおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

五月病は誰でもなる訳ではありませんが、ほとんどの人は日にち薬とも言えます。

時間が経過するにつれて環境に慣れて適応していきます。

あまりにも深刻に考え過ぎたりせずに上手くストレスをやり過ごす事が大事になります。

しかし五月病の症状が重症化して外出するのもままならない場合などは、専門医による心理療法や薬物療法などの治療が必要な場合もあります。

あなたにおすすめ
error: Content is protected !!