行楽

卒業旅行は一人でも行くべき?一人旅で国内に行くべき?

 

大学などを卒業する時には、昔から卒業旅行と称して本当に仲の良い友人と旅行している様です。

卒業旅行は文字通り学生生活の最後の旅行という事もあり、皆が揃って行く最後の旅行になるかもしれません。

ですから、一緒に行きたいメンバー間のスケジュールや行き先の検討などを綿密に計画する必要があります。

ところが、この計画を合わせるにも集まったり連絡を頻繁にしなければ全員の納得する卒業旅行にはなりません。

 

今は、この点は昔よりはかなりスムーズに進むかもしれません。

しかし、卒業間際はそれぞれの都合(就職先や大学の単位やサークルや別の友人関係や恋人など)でメンバーの都合の良い日やツアーの日程が上手く調整出来ない場合もあります。

そうなると、メンバーの中での多数派の意見に従わざる負えません。そのメンバーとは卒業旅行には行けない事になる場合もあります。

 

この様な場合に、その人は、卒業旅行を諦めた方が良いのでしょうか?それとも卒業旅行は一人でも行くべきでしょうか?

この記事ではこの辺りについて、体験談と共に自分なりの意見で書いてみます。

 

スポンサーリンク

 

卒業旅行は一人でも行くべき?

改めて書くまでもなく、社会人になると学生の様な時間的な余裕がなくなります。

長期の休みは、ゴールデンウィークやお盆休みや正月休みなどに限られてしまいます。

その時期にいざ旅行をしようとすると、通常の倍以上の料金になってしまいます。

 

ですから、昔から学生の間に行きたい所に旅行に行く事を勧められています。

特に卒業と就職先が決まった状態になれば、長期旅行の最後のチャンスになります。

そこで、皆さん挙って卒業旅行に行く事になります。

しかし、冒頭文に書いた様な理由で仲の良い友人と一緒に卒業旅行が出来なくなった場合に貴方はどうしますか?

 

冒頭文で書いた様に、自分自身にこれと同じ経験があります。今でも数年に1度飲みに集まるメンバーに卒業旅行の日程と行き先の計画を告げられました。

旅行先は、ハワイとロサンゼルスに行くツアーでした。

その期間は、別の友人とスキーのツアーに申し込んでありました。ハッキリ言って少し迷いました。(卒業旅行の方が魅力的でしたし、あまりその様なツアーはありません。)

日程を変更できないのか尋ねると、その日程しかツアー自体がないという事で結局スキーの方に行きました。

 

スキーから帰ってきて暫くして、卒業旅行に一人旅で寝台列車やワイド周遊券を利用して北海道まで行きました。

行きは太平洋側から帰りは日本海側から乗り継ぎや途中下車をして色々な地域や名所を自分の気分次第で訪問してきました。

(これ以上書き続けると本当に日記になってしまいますのでこの辺りにしておきます。)

 

スポンサーリンク

 

実際に卒業旅行を一人行って来た経験者からハッキリ言わせてもらいますと、卒業旅行は例え一人ぼっちであっても行くべきです。

卒業旅行の一人旅には、ひとり旅ならではの良さが一杯あります。

自分のその日の気分次第で予定を立てられる。その場の流れで予定を変更出来る。

自分の好きな気になる場所を気兼ねなく訪問できる。

思いがけない出会いなどがある。(一期一会)

見知らぬ人とも何故か会話が出来てしまう。

旅行の期間も自分の都合で長くする事も短くする事も出来る。(授業やサークルの事を考える必要がない。)

恐らくもう行く事が出来ない様な場所にも行く事が出来る。

1つ1つのエピソードは控えますが、本当に貴重な経験や見聞の数々でした。

一人旅をしているとひとり旅をしている人に頻繁に遭遇します。(類は友を呼ぶ?)

途中で一人旅でなくなる事もあります。(同じ場所を目指していた様な人とは直ぐに意気投合出来ます。)

旅先で出会う人に悪い人はいない、と昔から伝えられていた通りです。

 

卒業旅行を一人旅で国内に行くべき?

本来であれば卒業旅行の一人旅は、海外にこそ行くべきかもしれません。

海外の方がカルチャーショックも大きく得られる物も多いかもしれません。

 

しかしながら、幾ら自分の自由に出来ると言っても国内と海外では違いが大き過ぎます。

現地での言葉が不自由しない人や一人旅や海外旅行に慣れた人であれば海外でも良いでしょう。

けれども、準備期間が少ない場合や旅慣れていない人には、卒業旅行の一人旅は国内に行くべきではないかと思います。

 

卒業旅行を一人でも行く前提条件は?

卒業旅行を一人でも行く前提条件は、自分に当てはめると以下のようになります。

 

卒業旅行に行きたいメンバーは、本当に仲の良いメンバー限定になります。

長期の旅行では、よく意見の相違やケンカになる事も少なくありません。

その様な場合でも、信頼関係が根底にあってこその言い合いでなければなりません。

 

ですからこの様な条件を満たしている友人とは、卒業旅行に限らず何度も遊びに行ったり旅行に行ったりしている筈です。

今回の卒業旅行を一緒に行かなくてもあまり影響のない友人関係である筈です。

この様な友人関係であれば、今回の卒業旅行位は別行動でもいいという判断なのです。

 

まとめ

一般的な卒業旅行(ツアーやグループ)の計画としては、時期的には遅過ぎるかもしれません。

しかし卒業旅行を一人で行く場合は、これから計画を立てるのに十二分の時間的な余裕があります。

 

社会人になってからは時間的な自由な時間も限られてきますし、一般の人と同じ大型連休の旅行は高額になってしまいます。

学生の身分の間しか時間的な自由はないのでひとり旅で各地を見聞してはいかがでしょうか。

この記事を読んで、卒業旅行のぼっちに抵抗があった人の背中を少しでも押す事が出来たならば嬉しい事です。

 

本当に仲の良い友人とは、社会人になってから何年間のブランクがあっても学生時代と変わらずに付き合う事が出来ます。

それなりの年(子供の独立や仕事をリタイアをした頃)には又一緒に旅行する事ができると思います。

あなたにおすすめ
error: Content is protected !!