行事

男の子のランドセルの選び方のポイント!色やスポーツブランドは?

 

 

男の子のランドセルの選び方は、ある意味では女の子よりも簡単です。

比較的ランドセルに拘りがない男の子や両親が多い傾向にあるからです。

 

ところが逆にこだわりがある親御さんやお子さんにとっては、結構大変になってしまいます。

どういう事かと言いますと、そもそも拘りポイントを満足させてくれるランドセルの色や種類や量が足りないからです。

 

それでは、オーダーメイドランドセルにすればいいのではないかと単純には思います。

しかし、現在のオーダーメイドのランドセルは、メーカーの指定した金具や柄や色やデザインの中からそれぞれをチョイスしてオリジナルのランドセルにするという形式を取っています。

 

この指定された各々のパーツ全てに満足していればそれで決定出来ます。

それぞれのパーツは、各メーカーや工房によって違ってきます。(ここに特長を出すのですから当然そうなります。)

この部分はAのメーカーが良いが違う箇所はBの工房の方が良いとかが出てくると、なかなかスムーズにランドセルが決定しません。

 

今回の記事では、男の子のランドセルの選び方において最も重要ではないかと考えられるポイントについて書いていきます。(勿論女の子にも重要ではありますが、特に男の子にとっては優先順位高いポイントになります。)

 

スポンサーリンク

 

男の子のランドセルの選び方のポイント!

男の子のランドセルの選び方のポイントは、各家庭によって違ってくるのは当たり前です。

色なのかブランドなのか工房やメーカーなのか仕立てなのか多種多様です。

ですが、男の子に関してはどんな事よりも最も重要なポイントとして丈夫さを提案したいと思います。

 

この様に言いますと、6年間保証が付いているから関係ないという人が出てきます。

確かに保証はありますが、故障の事だけを言っているのではなくランドセルの状態の事を指しています。

 

一般的に、男の子は大人の想像を遥かに上回る使い方をして来ます。ランドセルの上に座る事は普通で、もっととんでもない取り扱いをします。(育ちが良い男の子も当然いますが、低学年の男の子はまだ幼稚園児とあまり変わりません。)

幾ら6年保証だからと言っても、ランドセルもたまったものではありません。

 

しかし今のランドセルは、(どんな安い物でも)その様な扱い方をされても恐らく修理する事にはなりません。

だったら良いのではないかと思われるかもしれませんが、高学年になるとランドセルの状態には歴然とした差が出てきます。

 

では、丈夫さを見るポイントは何処かと言いますと以下の様になります。

 

大マチ(教科書を入れる所の厚み)に内貼りがしてある事。(総内貼り)

大マチだけでなく前ポケット内貼りがしてある事。

大マチの部分に補強材が入っている事。

底板固定(張り付けてある)されている事。(投げ込み式でない事)

生地(特にクラリーノの様な人工皮革の場合)のランクが中程度以上である。(一番下のランクでなければ大丈夫。)

牛皮の場合には、防水加工が施してある。(ほとんどは施されている。)

 

肩ベルトなどまだポイントはありますが、差が大きい重要なポイントとしては上記の所です。

 

簡単に説明しますと、内張りとは本体生地にもう一枚他の生地を重ね合わせる事です。

カブセ(フタ)の裏と同じ柄の生地で張ってある物が多い様ですが、コードバンや牛革の高級なランドセルでは、豚革(あめ色)を使用しています。

見ても解らない場合には、人工皮革のランドセルで内張りをしていない物は、表面がザラザラしています。(内張りがしてあれば、表面はツルツルしています。)

 

一般的に軽量のランドセルには、内張りがしていない物がありますので注意が必要です。

どうしても、丈夫な生地などで内張りや補強をすると重くなりますし、丈夫な素材を使用しても重くなります。

 

一般的な販売店の説明では、ランドセルの重さは空の場合には200gの違いは大きいが教科書などを入れた場合の200gは大して差がないとも言われています。

これは、物を入れた場合の200gの割合が小さくなるという説明です。

 

大マチの補強材は、主に型崩れの防止の為に入っている樹脂の事です。

従来の刺繍が入っていないランドセルには、ほとんどのランドセルに大マチ全体に型崩れ防止の樹脂が入っていました。

しかし、そうすると刺繍を縫製する事が出来ない為に入っていない物も多い様です。

ですから、今は刺繍の入っている上の部分に横に樹脂が入っていれば最低限は良いでしょう。

 

丈夫さを第一に考える人には、大マチに刺繍が入っていない従来タイプでしかも上の部分にも横に樹脂が入っているランドセルがおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

男の子のランドセルの色は?

男の子の色は、こだわりがないタイプの人はほとんど黒がベースになります。その中で、糸の色やヘリ巻きのコンビの色を考える事になります。

黒以外で考える人は、紺(ブルーブラック)やマリンブルーやグリンや茶色(チョコ)など自分の希望の色を選択する事になります。

 

紺(ブルーブラック)の場合には、黒にマリンの糸のランドセルとほとんど外では区別が出来ないくらいです。

それ位、黒でも縫製糸の色によって見え方が変化するという事です。ですから、黒でも糸の色が黒やマリンや赤やゴールドなど何種類かの色で見え方がかなり変わります。

こればかりは、実際に販売店や展示会場で見比べる必要があります。更に言えば、実際に背負って子供さんに似合う(映える)かどうかのチャックは重要です。

 

男の子のランドセルのスポーツブランドは?

男の子のランドセル選び方でこだわりがある人に多いのがスポーツブランドです。その様なタイプの人には、あまり商品の説明は必要ありません。

実際の所、気に入ったブランドのランドセルが欲しいのですから後はその中での比較にしかなりません。

 

ただ、ここでも自分なりの意見を敢えて述べたいと思います。

子供さんがサッカーや野球やバスケットボールなどのスポーツをやっていて、そのブランドにこだわりや愛着があってどうしてもそのスポーツブランドのランドセルを欲しがっているのですか?

その通りであれば何も言う事はありません。希望するランドセルを購入してあげて下さい。

(スポーツをしていなくても愛着やこだわりがあるのでしたら勿論です。)

 

それ以外の答えであるならば、今一度検討してみる余地はあると思います。

一般的には、ブランド品にはパテント料が上乗せられている事は誰でも知っています。ですから、同じ値段のランドセルを購入するとグレードはノンブランド品の方が高くなります。

(必ずしも全部とは限りませんが。)

 

スポーツブランドに限らずブランドのランドセルは、定期的にモデルチェンジをしたり、その性質上値引き販売を基本的には行いません。

この様な点からも、メーカーや販売店は余り在庫を持っていません。

ですから、ブランド系のランドセルを希望する場合には、素早い行動をする必要があります。

 

ランドセル全般に関する記事になります。是非読んで下さい。

おすすめ記事はこちら ランドセルの選び方で失敗しないコツやポイント!購入時の注意点は?

 

スポンサーリンク

 

まとめ

一般的に子供(特に男の子の場合は特に)のランドセル選びは、一端買ってしまったら後はあまり気にならなくなります。(気にしても仕方がなくなります。)

6年間の内にそれくらい乱雑に取り扱います。

ですから、丈夫なランドセルがベストな選択でははないでしょうか。

ランドセルを選ぶ時に少し考えてみて下さい。

あなたにおすすめ
error: Content is protected !!