行事

引っ越しの準備の仕方!どこから?何から?いつから始めたらいい?

 

 

ほとんどの人は、何かのタイミングで引っ越しをする事になります。

父親の転勤や通学や就職や結婚や自分自身(配偶者)の転勤など色々なパターンで引越しします。

 

中には引越し慣れをしていて、前の時の引越しのダンボールをそのままの状態で積んでおいたまま生活しています。

この様な場合においては、はたして段ボールの中の物は本当に自分にとっ必要な物なのかは疑問は残ります。

けれども、引っ越しの準備という点からだけ見ると逆に素晴らしい準備方法とも言えます。

(あくまでも、近いうちに転勤などで又引越しする可能性があるという場合や引っ越しが趣味の様になってしまっている人。)

 

実際に引越しをしようとして準備に入ると本当に面倒で時間が足りないものです。やってもやってもなかなか終わらないものです。

 

自分でも何回か引越しの経験がありますが、段取り良くやらなくて引越しの業者の人が大きな荷物を運んでいる時に火事場の何とかでダンボール詰めをした時もありました。

この様な恥ずかしい経験をすると次からは、引越しの準備を順序良くやろうという気になります。自分なりの方法はある程度確立出来ました。(あくまでも自分のやり方です。)

 

自分なりの引っ越しの準備の仕方について書いていきます。参考に出来る部分は参考にしてみて下さい。

今回の記事は役場の手続きや近所のあいさつなどや解約手続きなどについてではなく、住んでいる家(部屋)を全て引き払う事のみをテーマにしています。

 

スポンサーリンク

 

引っ越しの準備の仕方!どこからやり始めますか?

引っ越しの準備の仕方として、まず場所はどこからやり始めたら良いのでしょうか?

それは、引っ越しまでの間に使わない部屋や外の整理をやり始めたらいいと思います。

一般的には、普段使わない部屋があればそこは物置になっています。物置とは、極端な事を言うと(今は)いらない物を目の前から見えなくする(隠す)役割を果たしています。

ですから、物置から整理や梱包をしても普段の生活には何も問題が起こりません。

 

冒頭文での引越し慣れしている人の例では、恐らくはここの場所にある物を前の引越しの時からそのままにして置くのだと推測出来ます。

意識的にこの様に放置している場合は例外として、もしも前の引越しからそのままになっているダンボールや収納ケースがあればこの機会に中身を処分するチャンスでもあります。

けれども、そのまま放置してあるからと言っても必ずしも不要な物ばかりだけではありません。思い出の物や大切な物も含まれているケースがあります。

人によって判断が違ってきますので注意が必要かもしれませんが、少なくとも日常生活に支障がなかった点だけは確かです。

 

家や部屋の外にも不要な物や先に整理しておいても問題がない物が多いので、そこら辺りから始めてもいいのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

引っ越しの準備の仕方!何からやり始めますか?

前の章で挙げた場所の、引越しの時にまで使わない物から整理や荷造りを始めます。例えば、アルバムや思い出品などの全く使用しない物は勿論あると思います。

その他では、シーズンオフになっている洋服類などは、タンスに畳んで収納されていたりハンガーに吊るされている物を収納ケースや衣装ケースや箱に整理しておきます。

シーズンオフの布団等も、常に圧縮袋で保管しておくと準備は必要ありません。圧縮してなければ圧縮しておく事をおすすめします。

 

食器類が数多くある家庭では、使用頻度の少ない皿などを小さめの段ボールに割れない様にクッション材で包みながら梱包していきます。(大きい段ボールは重くて運べません。)

一般的にこの様なクッション材やダンボールは引っ越し業者から提供されます。

 

同様に靴などの整理もある程度は出来ると思います。

靴は、箱に入れて保管してあれば簡単に整理出来ます。しかし最近では箱を購入時に処分するケースも結構ある為、この様な場合にはシューズ袋などに個々に入れてからダンボールに整然と詰めていきます。

本や書類なども整理しやすいと思います。本なども食器と同じ理由で小さな段ボールに詰めていきます。

 

ここでも重要なポイントは、引越しまでに支障のない物からドンドン梱包なり処分なりをしていくという事です。

 

スポンサーリンク

 

引っ越しの準備の仕方!いつからやり始めますか?

引っ越しの準備の仕方で最も重要なのは、早い段階から少しずつでも整理や荷造りを始めるという事です。

準備期間が長ければ長い程計画も立てやすく効率よく出来ます。

特に粗大ごみなどが出てしまう場合に、粗大ごみはいつでも直ぐに出せないので時間が必要です。

 

ですから、転勤などで引っ越しが決まり次第すぐにでも準備を始めるのが一番よい準備の仕方になります。

そうかと言っても、急に転勤が決まるケースもあります。この場合には最短で準備しなければならないので、チェックシートや表を使ってリストに漏れがない様にしなければなりません。

 

まとめ

引っ越しの準備は、早ければ早い程余裕を持って計画的に効率よく出来ます。

生活しながら準備していく事なので、やってもやっても終わりがありません。

めんどくさいと言ってやる気がなくなってしまう事がないように、無理なく出来る事からやっていく事です。

 

引っ越しの準備の時は、物を片付けるチャンスでもあります。

自分にとって本当に必要な物だけを新居に持って行く習慣をつけていくと、要らない物で溢れてしまう事が少なくなります。

あなたにおすすめ
error: Content is protected !!