行楽

ハワイ旅行の注意事項や気をつけること!トラブル体験からアドバイス!

 

 

ハワイに最初に旅行した時には、とにかく何もかもが新鮮でした。楽しいばかりで余り細かい所は気になりませんでした。

現地のガイドや現地で働いている日本人の親切さに感動すらしたものでした。

ですから、又行きたいと言われたら(他にもまだまだ行きたい国や場所は数え切れない程あっても)もう一回行っても良いと賛成しました。

現実的にも、前回にやり残した事は結構ありましたので、再度ハワイを訪問する事にしました。

 

実際に2回目のハワイの旅行では、別の記事でも少し触れていますが、必ずしも良い(楽しい)経験ばかりではありませんでした。

今回の記事では、ツアーでほとんど引率されているだけでは決して解らなかった事をピックアップして書いてみます。

 

ここでは、内容が内容なだけにかなり辛辣な表現になってしまう事が懸念されます。

しかし、事実を典型的な日本人である自分から見た場合の感想であり意見な為その様になってしまう事も否めません。

 

ここで、言葉を更に大きくして前置きをしておきたい前提条件があります。

自分はハワイが好きな事と、現地の人(アメリカ人や日系のアメリカ人や日本から移民している日本人)の事を否定や中傷するつもりでは全く書いていないという点です。

この人達の国に行っているのですから、この人達の風習や考え方がこの国のスタンダードなのですから文句を言える立場ではありません。

ですから、日本人的な考えでハワイ(外国)を訪問して不愉快な事を出来るだけ避けて、快適に旅行してもらうアドバイスの想いだけです。

 

今回の記事もあくまでも自分で実際に体験し感じた事なので、他のリピーターの人は体験していないかもしれません。しかし、事実ではありますので1つの体験談として捉えて注意事項や気をつける事の参考にして下さい。(こういう思いや体験を避ける為にも。)

 

スポンサーリンク

 

ハワイ旅行での注意事項や気をつけること!

ハワイ旅行で気をつけることや注意点は、様々な状況や場面であります。

各項目について十分に注意して下さい。

 

ハワイ旅行での基本的なガイドブックにも書いてある注意事項!

一般的に言われているハワイ旅行の注意事項は以下の通りです。(自分では実際に確認していませんが。)

横断歩道を必ず渡る事。横断歩道以外で事故に合うと大変らしいです。

信号は必ず守る事。同じ理由。

喫煙区域以外は基本的には禁煙。

アルコールは、路上や公園では禁止。見つかる結構大変な様です。

 

ハワイ旅行での預入荷物についての注意点!

最近厳しくなってきている、ハワイ旅行での預入荷物についての注意点は何でしょうか?

 

ハワイ旅行での預入荷物のスーツケースは、TSAロック付きのスーツケースであっても決して鍵をかけない事です。

些細な点でも気になる物がある場合には、容赦なくスーツケースの中を開けられてしまいます。ロックされていると、場合によっては破損の恐れもあります。

 

ロックしてもOKというのがTSAロックのメッリットであった筈なのですが、変わってしまった様です。

最近では、ガイドブックにもこの様に記載される様になりました。TSAロックの本来の意味が全くなくなりました。(理由を深く考えるよりも従った方が賢明です。)

 

ハワイ旅行での入国審査の注意点!

皆さんが結構心配している、ハワイ旅行での入国審査の注意点は何でしょうか?

 

ハワイでの2回目の入国審査は、家族単位で行いました。自分は拍子抜けする程簡単に終わりましたが、妻の方が相当苦労しました。

口頭の質問は、私程スムーズではないものの何とかクリアして終わったと思いました。

その後の指紋認証と瞳(顔?)の認証で何度もやり直しをさせられていました。(5回ほど)

 

担当の人は、気の優しそうな年配の女性でしたが、指紋認証の度に首をひねり苦笑いでもう1回やってという事の繰り返しです。

初めにはもっと強く押す様に、その後手に息を吹きかける様に指導されましたが納得してもらえませんでした。

恐らく妻の話だと手荒れなどの原因で指紋がハッキリと出ないのではないかという事でした。

特に女性は手荒れに注意して下さい。

 

結局根気比べで、渋々指紋認証はOKサインをもらいホットしたのもつかの間今度は瞳(顔?)の認証でも何度もやり直しをさせられました。

何かが違うと言っていましたが、(結局何が違うのか分かりませんでしたが。)前の所で待機していた自分が戻って間違いなく連れである事をアピールしたのが効果があったのかは分かりませんがやっとの事で通過出来ました。

 

因みにパスポートは4年前に作ったものです。このやり取りを見ていたら10年のパスポートは大丈夫なのか心配になります。

 

スポンサーリンク

 

ハワイ旅行での到着日の行動で気を付けるポイント!

ハワイ旅行での到着日の行動で気をつけることは何でしょうか?

 

日本からハワイに旅行する場合には、夜の出発で現地の午前中に到着のパターンが多いと思います。

飛行機内の約7時間くらいの間に就寝出来れば本当に時間を有意義に使う事が出来ます。

しかし、飛行機内で満足な睡眠を取れる人は恐らくは稀ではありませんか?

機内食も2回ありますし、不自由な(エコノミーの場合です。)シートで長時間寝続けていられる人は尊敬すらします。

 

ですから、到着日はツアーでも簡単な観光しか入れていないと思います。 出来るだけ早く就寝するか、ホテルに着き次第仮眠を取る事を強くお勧めします。

 

ハワイ旅行でのオプショナルツアーは特に時間厳守!

ハワイ旅行の到着日の翌日にオプショナルツアーが入っている場合には、時間厳守に特に注意して下さい。

特に朝が極端に早いツアーは尚更注意が必要です。

先程の理由により寝坊してしまう危険性があります。その様な人を見ました。

(実は私達です。)

 

決して日本の様に気長には待っていてはくれません。一応部屋に日本語で怒り口調の電話がかかってきましたが、慌てて集合場所に行ってみたものの出発していました。(集合場所までは部屋から結構時間はかかります。)

女性の声でツアーをキャンセルするのか尋ねる電話だったので、行きますと答えたのですが。

 

こうなると返って電話がなかったり、出発しますという電話の方がキッパリしていて良かったのにとさえ思いました。

勿論費用は返還はされませんが、電話の話口調や言葉遣いに関しては後日抗議をしました。

どうしてそこまで言われないといけないんだと、自分達が悪い事を棚に上げて怒りさえ覚えました。

 

電話してきた人がどの様な立場の人かは解りませんが、運転手やガイドさんでない事だけは確かです。

流暢な日本語を話していましたが、言葉遣いや表現が明らかに日本人ではありませんでした。

 

ハワイでは何か聞くときには相手を観察してから聞く!

トラブルや解らない事があった場合に自分で何とかしようとするタイプと直ぐに聞くタイプの人がいます。

私は、前者で妻は後者です。海外では、一般的には後者がいいと思います。私でさえもそうします。しかし、聞いた相手が悪いと間違った事を教えられて返って混乱してしまいます。

最後の方では、この辺りの判断が経験上出来るようになっていました。

 

必ずしもホテルの人が観光に関する全てを知っている訳ではありません。ホテルにあるツアーデスクにいる日本語を喋る人にもこれは当てはまります。

日本人でも、長い間ハワイに住んでいる人の頭の中はもうアメリカナイズされていますから言葉通りに全て受け入れない方がいいかもしれません。

一番信頼出来るのは、皮肉にも観光で来ている日本人だったりします。

 

この記事に書けなかった更に予想しない事がありました。

タイムシェアについて知らない方は是非読んで下さい。非常に重要な注意事項です。

 

重要記事はこちら ハワイ旅行中に気をつけること?タイムシェアの説明と見学を体験!

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ハワイ旅行での数々のトラブルの体験から、ハワイ旅行での注意点や気をつけることについて自分なりのアドバイスとしてこの記事を書いてみました。

本当はまだ他にも結構あったのですが、書く事によって実名をどうしても記載しないといけなくなりますので控える事にしました。(運転手やホテルや旅行代理店や現地旅行会社など。)

このブログの趣旨は、その様な事では決してありません。

次にハワイを旅行する人が、快適に旅行出来る為に少しでもお役に立てればいいなあという想いで書いています。

 

トラブルや嫌な経験も今となっては、それも普段日本にいては決して味わえない様な貴重な体験をしたと考える事にしています。

ある有名な旅行家が言われていた事を奇しくも思い出しました。

旅行の思い出は楽しかった事と楽しくなかった事の両方が思い出として記憶されるという事でした。

そして、後者の方が印象が強烈で次からの旅行の良い教訓にもなります。

何かある毎に記憶が思い出されて笑い話になったりするかもしれません。

 

しかし当人にとっては相当な時間とお金をかけて遥々と旅行しているのですから、トラブル体験はしない方が良いに決まっています。

現実に2回目のハワイ旅行は悪い思い出の方が遥かに勝っています。

この記事を読んで頂いた方には、自分の様な経験をする事なく楽しんできて下さい。

この記事が少しでもその手助けになればベストです。

 

アメリカはルールに非常に厳格な国だと言えます。日本での温情的な事は期待しない様にして下さい。

人種や価値観や宗教までも多種多様な国ならではの運営方法であり致し方ありません。

今回の記事は少し斜めからの見方(偏見)かもしれませんが、ハワイ旅行で感じた事をストレートに書いてみました。

 

タイムシェアについて知らない場合には必ず読んで下さい。非常に重要な注意事項です。

重要記事はこちら ハワイ旅行中に気をつけること?タイムシェアの説明と見学を体験!

あなたにおすすめ
error: Content is protected !!