行楽

ハワイ旅行が初めての人へ!観光や楽しみ方のおすすめとポイントは!

 

 

ハワイは老若男女問わず人気の旅行先です。

何度も何度も訪れるリピーターや移住する人も結構います。

それは、1年中温暖な気候や日本語を話せる人が多いなど日本人が住みやすい環境であるという事もあるのではないでしょうか。

ですから、ハワイについて本当に詳しい人は相当数います。

 

しかし、ハワイに初めて旅行する人が最初に経験する事については、初心者の方が返って最近の出来事ですので気持ちが理解出来たりする事もあります。

ハワイには2回旅行していますが、間隔が4年程あった事や時期が違った事もありかなり印象が違っています。

 

ハワイに旅行に行く目的は、人によってはのんびりするとか長期滞在するとかもありますが、今回の記事では、短滞在時間が短いタイプの人に向けた個人の1つの意見です。

 

スポンサーリンク

 

ハワイ旅行が初めての人の回り方や楽しみ方のおすすめとは!1

ハワイに旅行するのが初めての場合には、恐らく時間が圧倒的に足りないと思います。(勿論滞在期間が長い人やロングツアーの方はこの限りではありませんが。)

例えば移動を例にとってみても、自分でレンタカーで移動する事は余程右側通行に慣れていない限りおすすめ出来ません。何よりも英語に長けていなくては不自由です。

そうすると移動手段は、徒歩か街中を走っているトロリーバスや路線バスかタクシーという事になります。

 

最初にハワイに旅行した時には、何種類(各旅行会社)のトロリーバスを非常に頻繁に走っているのを見ました。待ち時間もそれ程苦になりませんでした。

また、乗っている人も結構いました。(ある特定の会社のバスはいつも空で走っていましたが。)

トロリーバスの運転手は現地のアメリカ人ですが、日本後は片言ですがほとんど喋る事が出来て途中で説明などもしてくれて何も不自由な事はありませんでした。(運転手に聞いたところ彼らは日本の旅行会社に雇われている様でした。)

 

4年前の感覚で2回目にハワイを訪れた時には、少し戸惑いを覚えました。走っているトロリーバスの種類も違うし、本数もかなり少なくなっているのか余り多く見かけませんでした。

(考えてみれば当然ですが、以前空で走っていた会社のトロリーバスはありません。)

 

以前はあったトローリーバスの停車位置の表示もない所もあります。

バス停のある所で待っている日本人の方にどのバスを待っているのか尋ねた所、路線バスを待っている様でした。(路線バスを利用している人も多く見られました。)

 

ハワイ旅行は観光付きのツアーで!

ハワイ旅行の観光付きのツアーは、文字通りそれがメインの目的であります。ピンポイントで現地まで連れて行ってくれるばかりか、懇切丁寧な解説や記念撮影も頼むと快く撮ってくれます。

また、トロリーバスと違って待ち時間によるロスは一切ありません。

しかも、人気のある定番の名所にはほとんど連れて行ってくれます。(土産物店によるのは我慢して下さい。)

また、自分で観光を別々に手配するよりも格安になっています。

食事もハワイに全く関係のない食べ物が出てくる事はありません。

ハワイ旅行が初めての人の回り方や楽しみ方のおすすめとは、観光と食事付きのツアーを選択する事になります。

ハワイ旅行が初めての人の回り方や楽しみ方のおすすめとは!2

ハワイに滞在中のホテルをグレードアップ!

1回目のツアーでは何組か一緒だったのですが、ホテルをグレードアップしたのは我々だけでした。他の人に様子を聞くと気の毒なほどでした。

窓からは隣のホテルしか見えなかったり、食べ物も口に合わず結局外に食べに行ったそうです。

自分達がグレードアップするときに選んだ時には、前もってホテルの立地条件や部屋の様子や眺めをチェックしてからしました。

全く違和感がないばかりか想像以上の広さと解放感と眺めでした。食事もとても美味しかったです。

時間と費用を考えると一般的には何度も訪問する人は決して多くはないと思いますので、ここには多少お金を奮発してもいいと思います。

ハワイ旅行が初めての人の回り方や楽しみ方のおすすめとは、ホテルは予算がオーバーしてもグレードアップする事になります。

 

スポンサーリンク

 

ハワイ旅行が初めての人の回り方や楽しみ方のおすすめとは!3

ハワイ旅行の前に英語を少しは勉強しておく。(中学程度と簡単で使う可能性がある単語。)

日本語が通じると言っても全ての人が日本語を理解出来るとは限りません。

出来れば最初に日本語で質問するよりも英語で質問位はしたいものです。

日本語が喋れる人は日本語で必ず返事をしてくれますので、その後は日本語で細かいことを聞く事は可能です。

ABCストアには必ずと言っていい程日本語が堪能な人がいます。

ハワイ旅行にJCBカードを持って行く。

走っているトロリーバスの本数は、運営会社の種類によって違います。

2回目の時に持っていたフリーパスの運営会社のバスは本数が極端に少なく不自由な思いをしましたが、頻繁に走っている種類のバスはありました。

ですから、そのトロリーバスに乗る事が出来れば少しは楽に移動出来ます。ホテルの日本人コンシェルジュに聞いた所、JCBカードを提示すると乗れるトロリーバスが何種類かあるそうです。

 

関連記事はこちら ハワイ旅行が初めての人へ!手続きと両替の目安と入国審査やチップは?

関連記事はこちら ハワイ旅行の注意事項や気を付けること!トラブル体験からアドバイス!

 

その他の関連記事海外旅行持ち物で機内持ち込み液体は?スーツケースにペットボトル?

その他の関連記事 海外旅行の持ち物を最小限に!最低限に必須な物やあると便利な物は!

その他の関連記事 海外旅行ツアーメリットとデメリットは?選び方や仲良くなる方法は?

 

スポンサーリンク

 

まとめ

本当に簡単な部分についてしか書けませんでした。

しかし、この記事内で言いたい事は、見出しポイントだけです。

 

海外旅行で何か国も訪問している訳ではないので本来は違う国に行きたかったのですが、一緒に行く人の強い要望や前の時の良いイメージがあったので2回目の訪問をしました。

1回目は完全な観光ツアーで2回目は観光付きのフリータイムが多いツアー(ツアーと言っても全て個人の活動。)でした。今回は良いイメージだけではなく悪い所もハッキリと見えてきました。

持ち物や入国審査や現地の人との関わり方などのテーマは、上記で紹介した関連記事で違った角度から今度は注意するポイントを中心に書いています。

あなたにおすすめ
error: Content is protected !!