片付け

断捨離の始め方やタイミングは?引っ越しや部屋の模様替えや掃除?

 

 

断捨離(だんしゃり)は普段から物をため込まない様な人には特には必要はありません。

こうした人々は、日常生活において無意識のうちに片付けることが習慣化されています。

その他の人々は、どうしても知らず知らずのうちに物が溜まってしまいます

この知らず知らずが怖いところで、少し増えたぐらいでは気にならないのです。

 

毎日会っている会社の同僚は気づかなくて、たまに会う得意先の人が気づく事がよくあります。(良い事も悪いことも事ですが。)

毎日見ていると気が付かないことは結構あります。もしくは、あまり注意して見ていないかもしれません。当たり前の事としていて興味自体がないのかもしれません。

 

旅行や出張などで家をある程度の期間留守にしていたら気が付くかもしれません。

行った場所にもよりますが、綺麗な所や整理整頓がされた所や心が落ち着く風景などを見たらどうでしょうか。あまりの違いに愕然とすることもあるかもしれないですね。

 

このように物をため込んでいる人は、よほどでないとだんしゃりを自ら進んでやろうとはしません。そもそも物が一杯に溢れているという感覚すらないのです。

断捨離が出来るタイミングやチャンスを大事に活用してほしいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

断捨離の始め方でベストなタイミングは引越し?

断捨離の始め方で最もベストなきっかけやタイミングは引越しではないでしょうか?

 

引越しする時には、当然のことながらダンボールに物を詰めていく必要があります。詰め方も部屋や物や用途別に仕分けして入れていきます。ここで否が応でも必要な物と必要でない物に分かれていきます。

このタイミングで一気に処分しないともう出来ないと思います。とりあえず新居に運んで向こうで片付けようという甘い考え方はそれこそ捨てて下さい。

兎に角今までの使ってこなかった物はほとんど(全てとまでは言いません。)処分して下さい。(捨てることだけが処分ではありません。

こうすることで、新居での作業時間が大幅に短縮されます。場合によっては荷物の減少による引越しの代金が安くなるかもしれません。

 

次にもっと限定されますが一人暮らしの為と結婚の為の引越しについて考えてみたいと思います。一人暮らしには新居の設備によりますが、できるだけ使えるものは持って行くのがいいでしょう。

そして持って行かないような物は処分していくことが肝要です。

期間が限定で必ずまた戻ってくるとしても処分しておいたほうが無難だと思います。なぜならば、一人暮らしの間に生活習慣や嗜好が変わることが多いからです。

仮に予定通りに戻って来たとしても、本来必要であれば一緒に持って行っているはずです。一人暮らしになる時点で断捨離されていた物なのです。

結婚については、一人暮らしになるとき以上にもう二度と戻って来ないことが大前提にありますので全く残す必要がありません。大事なものは一緒に持って行くべきです。

 

断捨離の始めるタイミングは部屋の模様替えの時?

部屋の模様替えの時も、断捨離の始めるタイミングに適しています。

何か現状を変えたい時などに部屋の模様変えをする場合があります。この時に少しは整理整頓や片付けが自然と出来る筈です。

 

机やベットや収納ボックスなどを移動するには床に物があっては出来ません。一度他の部屋に移動するかその時に見て判断するなりして片付けが始められます。

中にはそのまま大き物を移動して終了してしまう人もいるかもしれません。しかし、そのような人でも掃除機くらいはかけるのが普通です。

 

こうやって体を動かし続けることが重要なポイントです。

人というのは不思議なもので、最初は気乗りしない事でも一度やりかけるとどんどん加速していく傾向があるのです

初めはちょっとだけ移動させて終わるつもりでも、段々欲が出てきてあれもこれも手を出して収拾がつかないところまで行きます。

(他の所で詳しく説明しますが、この段階は結構大事です。)

 

やり始めると妙にテンションが上がってきたり、気分が良くなったりしてきます。物が片付いていくにつれて本来の綺麗な状態の方が気持ちがいいという当たり前の感情が湧き出てきます。

潜在的に今のままではまずい状態であった思っていたのではないでしょうか。

 

ここで一つ注意事項があります。思いきりやり過ぎないことです。調子に乗り過ぎないということです。

今まで言ってきた事と多少矛盾があると思われるかもしれませんが、人によっては注意する必要があります。このことは別のテーマの時に触れていこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

断捨離ができる年に一度のタイミングは大掃除の時?

年末の大掃除は、引越しをしない人にとって断捨離をするベストタイミングになります。

年末に大掃除をしない人もいますが、いつでも結構ですので大掃除をやる時に整理や処分をして下さい。

大掃除というと窓ふきや網戸の掃除換気扇の掃除など普段あまり掃除しない場所を綺麗にする事が中心です。

 

それでも何かの拍子で普段使わない道具などを取りに物置や納戸や貸倉庫などに行き何かを発見することがあります。

そこにあった物で使った記憶がない物があったら処分する様に心掛けて下さい。そもそもそんな時にしか見ないものは間違いなく必要なものではありません。

万が一長年に渡り探し続けていた物であれば、もっといい場所に保管し直すようにして下さい。油断するとまた何処かに隠れてしまいます。

 

また、年末は気分的にも色々な物を捨てやすい状況にあります。通常よりも捨てる基準が甘くなるのです。

来年に向けて心機一転の為今年中に今年のものは処分しようという発想が生まれます。普段捨てることに躊躇する人でも大義名分があるので片付けやすくなります。

 

スポンサーリンク

 

断捨離の始め方やタイミングのまとめ

断捨離ができる絶好のタイミングは、引越しや年末大掃除の時です。

その他では、一人暮らしや結婚をする時など(大きな意味では引越しに含まれますが)が考えられます。しかし、これらの場合は限られた人や時期になってしまいます。

その他のタイミイングとしては部屋の模様替えの時などをお勧めします。

普段見ない様な物は大抵の場合必要のないものです。

一度やり始めるとドンドン加速するかもしれませんが、くれぐれもやり過ぎない様に注意して下さい。

あなたにおすすめ
error: Content is protected !!