年末年始

七草粥の由来や意味は?七草の効果とは?いつ食べる?   

 

 

年が明けて一段落した頃に鏡開きや七草粥を食べるという風習が昔からあります。

鏡開きは、鏡餅を飾っている家庭が多いためにかなり浸透しています。

では、七草粥を食べるのはどれ程浸透しているのでしょうか?

 

これは、感覚的な話になりますが、それ程には浸透していないのではないでしょうか。

もちろん、毎年欠かさずに七草粥を食べている家庭も相当数ある事は事実です。

しかしながら、わざわざ七草を買って七草粥を作って食べるという選択肢は少なくなっています。

それでも、現代にまで受け継がれているにはきっと深い由来や意味があるのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

七草粥の由来や意味は?

七草粥は、端午の節句や桃の節句等と同じ様に中国から来ている風習の1つです。

中国には、五節句の内の1つである人日には人を殺さず7種の野菜の入った暖かい食べ物である七種菜羹を食べる風習がありました。

 

日本には、年の初めに雪の間から芽を出した若菜を摘んで食べ自然から新たな生命力を頂く若草摘美と言う風習がありました。

この風習は枕草子等の古典にも記載されています。小倉百人一首の光孝天皇の【君がため春の野に出でて若菜摘む】という句もあります。

中国と日本のこれら2つの風習が結びついて七草粥を食べる様になったと言われています。

 

春の七草の由来は平安時代にさかのぼりますが、1月7日に食べる七草粥の習慣は江戸時代に広まったそうです。

江戸時代には幕府が公式行事として人日を祝日にしたことで、七草粥を食べる風習が一般の人々にも定着していったようです。

そもそも日本で粥が食べられだしたのは、稲作文化の始めの弥生時代に玄米を粥にしたのが始まりのようです。

 

白米は大変な贅沢品であり一般にはハレの日(祭礼)に頂く食べ物でした。普段はアワやヒエなどの雑穀を食べてお粥は大根や芋などを多く入れていました。

新米の刈り入れが終わると、先ず神前にお供えし五穀豊穣を祈願してお下がりを頂いたのです。

七草粥には、神様への感謝と新年を無事に迎えられた事の喜びという意味がありました。

 

スポンサーリンク

 

七草粥の七草とは?その効果とは?

春の七草とはと古くから歌われてきた七草そのものです。
[su_note note_color=”#d0d2c9″ text_color=”#211a1b”]
セリ(芹)
冷え性や貧血の症状を和らげる。疲労回復を手助けする。便秘や風邪の予防や利尿作用もある。

ナズナ(ぺんぺん草)
熱を下げる、尿の出をよくするなどの作用がある。

ゴギョウ(母子草)
咳やのどの痛みを和らげる作用がある。

ハコベラ
タンパク質を多く含みミネラル等の栄養に富み古くから薬草として使用。

スズナ(カブ)・スズシロ(大根の若芽)
ジアスターゼが消化を促進します。食物繊維も豊富。

ホトケノザ(田平子)
高血圧の予防や胃腸の働きを整える。

[/su_note]

七草それぞれの効果が終結した七草粥が、体にとって素晴らしい食べ物である事が伺われます。

 

七草のそれぞれの意味は以下のようになります。

[su_note note_color=”#d0d2c9″ text_color=”#211a1b”]

セリ 火と水が十字に組むということを祈る言霊が込められているのです。

ナズナ 主の大御神様が成り生り鳴って出現している様子。

スズナ 鈴は丸の中にチョンの大御神様がいる姿。

スズヒロ スズは鈴でこれは主の大御神様自身。

ホトケノザ 仏の座で十一面観音に由来し四十八弁の台座の上に統一する観音様が乗っている様子。

セリ、ナズナ、スズナ、スズヒロ、ホトケノザは正神。

ゴギョウ 五行(日・霊・陽・火)ゴは五であって火である。ギョウはそれを行ずる。

ハコベラ ハコベラというのは、運ぶでありラの回転は陽の回転です。

[/su_note]

このように、昔の人は、七草にこの様に宗教的な意味をも込めていたようです。

 

七草粥はいつ食べる?

七草粥は、松の内の最後というよりも人日の節句であるという意味で1月7日の朝に食べます。

お正月の御馳走で疲れた胃腸をいたわるために七草粥を食べると言われることが多いですが、これは後付されたものと言われています。

 

本来は、人日の節句にその1年の無病息災と五穀豊穣を祈るために食べるとされます。そこで、お粥に入れる七草は厄払いしてから食べる事になっています。

七草の厄払いの方法は、七草を1月6日の夜に俎に乗せて囃し歌(七草囃子)を歌いながら歳徳神の方(恵方)を向いて7回ずつ計49回叩くことになっています。

7日の朝に、叩いた七草を入れてお粥を炊き神様に備えてから家族で食べます。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

七草は、人日節句1月7日の朝に、7種の野草野菜粥を食べる風習のこと。

七草は、人日の節句の1月7日の朝に7種の野菜が入った粥を食べる風習。

本来は七草と書いた場合には、秋の七草を指します。

 

小正月1月15日も七種言いますが、一般的には1月7日が七草と書かれている。

1月7日の朝に七草粥を食べると、一年中無病息災で過ごせると言われています。

また、正月の不規則な生活で疲れ気味の胃を休ませるという意味も含まれています。

ビタミンやミネラルの豊富な七草で体調を整えるという古人の知恵でもあります。

 

昔の人は、科学的な根拠がなくても体験的に解っていました。

家族の健康の為にも後世に正確に伝えていきたい行事でもあります。

最近ではスーパーでも調理に便利な七草セットが販売しています。

しかし、家庭にある(各家庭に合った)野菜で十分に代用出来ます。

また本来の由来や意味をキチンと理解していれば、慌ただしい朝に無理に食べなくてもいいのではないかと個人的には思います。

error: Content is protected !!