ウォーキング ダイエット

走るより早歩きで歩いた方が痩せる?ウォーキングダイエットの歩き方!

 

運動系のダイエットを始めようとして、最初に考えることがあります。ジョギングなどの走る方法を選択するかウォーキングダイエットを始めるかです。

ハッキリ言って、両者は似ているようで全く違うものなのです。ですから、ダイエット方法の選択を誤ってしまうと後悔することになるかも

 

では、歩くと走るの違いはどういうポイントがあり、歩くのと走るのどっちが痩せるのでしょうか?

ここ最近では、ウォーキングダイエットの方が痩せやすいと聞きますが、本当に走るよりも歩いた方が痩せるのでしょうか?

 

なお、いくらジョギングと比較してウォーキングダイエットが痩せやすいと言っても、毎日ある程度の期間を継続する必要があります。

少しでも早くダイエット効果を得られる為には他のダイエット方法と併用することがおすすめ。ウォーキングダイエットと相乗効果があるのは、サプリダイエットになります。

 

また、ウォーキングダイエットで痩せる歩き方で早足を推奨されていますが、注意するポイントがありますので、こちらについても解説します。

 

スポンサーリンク

 

走るより早歩きで歩いた方が痩せる!

 

では、なぜ走る(ジョギング)よりも早歩き(ウォーキング)で歩いた方が痩せる(ダイエット)のに向いているのでしょうか?

普通に考えると、走る方が歩くよりもカロリーの消費が多いので、痩せやすいと思うのが当然の原理です。

・ジョギングやランニングなどの激しい運動は継続が困難。一度止めてしまうとリバウンドしやすい。

・走ることは歩くこと以上に糖質を消費するので、炭水化物を摂取したくなりやすい為に太りやすい。

脂肪燃焼効果が目的の場合は、スロー運動を長い時間する方が効率がよい。

 

また、歩くと走るの違いウォーキングとジョギングなどとの違い)には、どのようなことがあるのでしょうか?

ここで、 ウォーキングとジョギングの効果の比較をしてみます。

歩くことは脂肪燃焼がしやすい。走ることは糖質を消費するから炭水化物を摂取しがちに。

・歩くことは足にかかる負担が少ない。走ることは着地の際に膝や腰負担がかかる

・歩くことは心臓に負担がかからない。走ることは心臓への負担が大きい

 

また、ウォーキングの優れたポイントには、何があるのでしょうか?

ウォーキングダイエットの良い点は、ジョギングなどの走る場合と違い、足腰などにかかる負荷が適度であることになります。ここは、結構重要なポイント

 

特に、ふくらはぎは、血流をスムーズにするのに非常に大事な場所で、ポンプの作用をして身体全体に血液を押し出しています。

この、ふくらはぎに程よい刺激が加わることにより、血流が良くなります。そして、その結果として足のむくみが解消されることに。

 

その他には、脂肪燃焼効果の違いが挙げられます。

一般的には、体脂肪が燃焼し始めるのは運動開始後20分程度が経過してから

なお、最近では、運動直後から脂肪燃焼が始まっている説の方が有力視されてはいますが・・・

 

ですから、例えば同じ距離を走ったり歩いたりした場合に、短い距離ではジョギングは短時間(脂肪燃焼効果が十分に発揮される前に)で終わってしまう可能性もあります。

要するに、短い時間を走るよりも、長い時間を歩く方が痩せやすいということ。

 

脂肪燃焼の始まりの時間に代表されるように、理論は常に変化しています。

昨日までの理論が間違っていたケースも多々あります。

 

経験値からの個人的な意見!

ウォーキングをやり始めると、初めのうちはなかなか汗が出ませんが、一定の時間や距離を歩いてから、吹き出すように出てきます。

ですから、からだが温まっていない状態よりも、20分過ぎからの方が脂肪燃焼の効果や効率が高いのではないかと確信しています。

 

スポンサーリンク

 

ウォーキングダイエットで痩せる歩き方は?

 

では、毎日ウォーキングしていれば、簡単に痩せられるのでしょうか

一般的に、ウォーキングダイエットは、毎日一定(私は時速6キロを推奨)以上のスピードで一定(私は40分を推奨)以上の時間を継続して歩くことが痩せるため必須条件。

参考記事:ウォーキング40分の効果とダイエット!距離や歩数と消費カロリー

 

しかし、毎日必須条件を満たしたウォーキングダイエットをしていても痩せない人も。そうなんですよ、ただ単に歩いていれば良いだけでもないのです。

ウォーキングダイエットで効率よく効果をあげる為には、次のようなポイントに注意する必要があります。

 

ウォーキングダイエットで痩せる歩き方

1.正しい姿勢で歩く

・正しい姿勢で歩くと、血液循環がスムーズになり、脂肪燃焼効果がアップ

の動き良くなり、便秘メタボの解消

 

2.歩く時に膝を伸ばすように意識し、出来るだけ内またで歩く

・膝を伸ばして歩くと、前への推進力が働き歩幅が広くなる

・内またで歩くことで、骨盤が動くようになる(内またのやり過ぎは逆効果になるので要注意)

 

3.歩く時のイメージとしては、かかとから着地して足裏全体で体重を支えながら足の指で地面を蹴って前に進める

つま先で着地するとふくらはぎに負荷がかかる為に太くなる可能性

 

4.歩く時には、お腹に力を入れたり意識を集中させる

・お腹に力を入れたり引っ込めたりすると、下半身だけでなく上半身にも効果がでる

・下半身に必要以上の重力が加わらなくなり足腰への負担も減る

 

5.歩く時には、腕を大きく振る(特に後ろ)

・特に後ろに大きく振って肩甲骨を動かすようにする

・背中や肩甲骨周りには褐色脂肪細胞が多くあり、刺激して活発に活動をさせると体の循環や代謝が良くなる

 

 

あなたにおすすめ

ウォーキングの効果は?ダイエット効果で痩せる歩き方や距離は?

ウォーキングどのくらいで痩せ始める?ダイエット効果が出るまでの秘訣!

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

運動系のダイエットを始めようとした時にジョギングやランニングをするかウォーキングにするか迷う人もいます。

早く痩せたいと考える人ほど、ジョギングやランニングなどの消化カロリーが多い運動選択しがちです。

 

ただし、ジョギングやランニングなどの激しい運動は、どうしても続けることが困難でもありダイエット効果半ばで挫折してしまうことも

また、ダイエットが成功したからと言って、走るのを止めてしまった場合にリバウンドの危険性もあります。

 

反対に、ウォーキングダイエットの場合は、毎日時速6キロのスピードで40分以上歩いても、痩せるのには相当の時間が必要です。

しかしながら、ゆっくりと痩せていくのでリバウンドの心配はありません

 

クリックで、応援お願いします!

にほんブログ村 ダイエットブログへ   

error: Content is protected !!