年末年始

年賀状の一言で友人への文例!ご無沙汰の友人や疎遠な友人への一言は?

 

 

最近は年賀状をパソコンで自分で印刷する人が多いと思います。

しかし、一言だけは、手書きでコメントを書きたいものです。

いつも頻繁に会う友人に対しては話題にも事欠かないのでスイスイと書けますが、疎遠になった友人や特に重要な人に対してはそう簡単にはいきません。

当たり障りない言葉でお茶を濁すこともありますが、折角ですので何か気の利いた一言を添えてみたいものです。

 

悩みだすとキリがありませんので、いつも何種類かのパターンを順番に回している様な人も見受けられます。

こちらが必死になって文面を考えて送っても、向こうからは何も書いていない人も結構います。

今回は年賀状を出す相手を、何年も会っていない人やもう会わない人などに絞って考えてみようと思います。

 

スポンサーリンク

 

年賀状の一言で友人への文例は?

先ずは定型文と言いますか、一般的な文例を挙げてみます。

今年も飲みに行きましょう

今年こそゆっくり会いたいですね

今年もお互いに頑張りましょう

今年も健康で頑張りましょう

今年こそお会いできるのを楽しみにしています

今度カラオケでも一緒に行きましょう

お近くにお寄りの際には是非お立ち寄り下さい

何か遊びの誘い文句が多い印象があります。まあ、毎年でなくても定期的に会っている相手であればこんな感じで十分でしょう。

ここに書かれた事は実現可能で確立もかなり高いと思われます。まあ、そんなには苦労しなくて文面が思いつくのではないでしょうか。

ここに書いていないお互いだけの共通の話題なんかも書けるのではないでしょうか。

 

年賀状の一言をご無沙汰している友人には?

ご無沙汰している友人への一言の例文です。

ご無沙汰していますがお元気ですか?

最後にお会いしてからもう何年経ちますか?元気にしてますか?

家族皆さんで楽しいお正月を過ごされていますか?

元気でお過ごしですか?

何か全部相手への質問で終わっていますが、この後に一つ上で紹介した例文の一部を続けてもいいかもしれません。

自分自身の場合は言葉の重みを大事にしたいので、本当にそう思っている相手やそう思っている年の時にだけ書くようにしています。

 

お互いに結婚して家庭を持つと子育てや親戚付き合いに忙しくなり、友人関係が疎遠になるのは致し方ありません。

今は、年賀状のやり取りだけでも十分だと思います。時間が経過して子供達に手がかからなくなったら気軽に会える様になったり旅行などにも行けるかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

年賀状を疎遠な友人へ送る場合の一言は?

年賀状を疎遠な友人へ送る場合の一言はどうしたらいいのでしょうか?

年賀状に添える一言が毎年ワンパターンになってしまいます。

年賀状に、毎年同じ様な内容の社交辞令を書くのはもう止めにしようと思った事はあります。

 

逆に、人付き合いも少なくなるから年賀状だけでも大切にしようと思う事もあります。

特に今では年賀状のやり取りだけの付き合いになってしまった、昔の先輩や同僚や学生時代の友人などには書く事がありません。

 

以前は一番最初に挙げた例文の様な社交辞令を書いていましたが、心から書いていないのが相手にも伝わるのではないのかなと感じました。

その結果として、新年の抱負や自分や家族の近況を一言添えるというこちらの状況を説明する今のスタイルになりました。

一応ここでも文例を書いておきます。

市民マラソンで完走する為に昨年から毎日10キロ程走っています

今は日帰り温泉が趣味になっております

今年から家庭菜園を始めます

今は、芋焼酎にはまっています

身長が子供の方が高くなりました

相手がこちらの状況を想像出来るような内容を書いています。友人に少しでも刺激を与える事が出来れば更に良いと思います。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

あまりにも多くを詰め込み過ぎない事です。

ほんの一言二言でいいと思います。

その方がかえって心に残ります。

毎年変えていくのが少しは楽になります。

個人的には俳句の一種だと思っています。

あなたにおすすめ
error: Content is protected !!